格安SIM

ワイモバイルのメリット・デメリットを徹底解説【スマホが月額1,480円〜】

2020-06-03

ワイモバイルのメリット・デメリット

この記事では、ワイモバイルのメリット・デメリットを徹底解説していきます。

ワイモバイルのメリットやデメリットは?契約する前に知っておきたい…

という方は、是非参考にしてみてください。

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

ワイモバイルのメリットやデメリットとは?

ソフトバンクのサブブランドである「ワイモバイル」は、スマホ満足度no.1を獲得している大人気の格安SIM。

ワイモバイルのメリット・デメリットの一覧は以下です。

※時間のない方は気になるところへジャンプしてお読みください

ワイモバイルのメリット

 

ワイモバイルのデメリット

では、これらを順番に解説していきましょう。

 

ワイモバイルのメリット①3つのプランから自分に合ったものを選べる

ワイモバイルで用意されている料金プランは、データ容量が異なる「スマホベーシックプランS・M・L」の3種類

使い方に合わせて自分にぴったりのプランを選べるのは大きなメリットではないでしょうか。

ワイモバイルのプラン詳細

プランSML
基本料金/月2,680円3,680円4,680円
データ通信3GB9GB14GB
通話国内通話10分無料(超過分20円/30秒)
契約事務手数料3,000円
契約期間縛りなし※いつでも解約可
契約解除料無料

 

今なら料金がお得になるキャンペーンが開催中!

以上がワイモバイルの基本料金でしたが、キャンペーンを組み合わせれば最安で月額1,480円まで料金が下がり、データ容量も無料で増加します。

そのキャンペーンとは、以下の3つです。

  1. 新規割基本使用料700円割引(契約翌月から6ヶ月間)
  2. おうち割 光セット(A)または家族割引サービス基本使用料500円割引
  3. データ増量無料キャンペーン2データ増量オプション(500円)1年無料

※新規割…新規、乗り換え・番号発行、契約変更でスマホベーシックプランへ変更で適用
※おうち割 光セット(A)…ソフトバンク光とワイモバイルをセット利用で適用
※家族割引サービス…2台目以降毎月500円割引(最大9回線)
※データ増量無料キャンペーン2…新規、乗り換え、PHSからの契約変更で適用

つまり、3つのキャンペーンが適用された場合、ワイモバイルの料金は以下になります。

ワイモバイルの割引適用後料金

プランSML
基本料金/月2,680円
6ヶ月間:1,480円
※新規割終了後:1,980円
3,680円
6ヶ月間:2,480円
※新規割終了後:3,180円
4,680円
6ヶ月間:3,480円
※新規割終了後:4,180円
データ通信3GB4GB9GB12GB14GB17GB
通話国内通話10分無料(超過分20円/30秒)

さらにインターネットから申し込めば、契約事務手数料3,000円が無料になります!

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

 

ワイモバイルのメリット②ソフトバンク回線を利用しているため通信速度が安定

格安SIMは大手キャリアに比べ速度が安定しない傾向にあるため、それが原因で乗り換えを諦める方は少なくありません。

しかし、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルなら、通信速度はソフトバンクと同水準

大手キャリアより安い料金設定でありながら、大手キャリアと同等の通信速度で楽しめます。

※ちなみにワイモバイルは、「キャリアと格安SIMの中間」に位置付けられています。

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

 

ワイモバイルのメリット③追加料金なしでテザリングが使える

ワイモバイルは、追加料金なしでテザリングが使えるメリットがあります。

テザリングって?

モバイルデータ通信ができる端末(スマホなど)を利用して、PCやタブレット、ゲームなどをインターネットに接続できる機能。

つまり、スマホをWi-Fiとして使えるということ。

例えばソフトバンクであればプランにより無料と月額500円にわかれますが、ワイモバイルであれば全プラン無料でデザリングを利用できます。

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

 

ワイモバイルのメリット④家族割がある

ワイモバイルには、「家族割引サービス」といって2回線目以降の料金が毎月500円割引になるサービスがあります。

家族割

一緒に暮らす家族はもちろん、離れて暮らす親族も対象であり、同居していれば恋人とも家族割を組めます!

家族割引サービスに加入できるのは主回線+9回線までとなっているので、家族が多くてもみんなでおトクにスマホを使えますね。

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

 

ワイモバイルのメリット⑤実店舗が多くて安心

他の格安SIMに比べ実店舗が多いことも、ワイモバイルのメリットでしょう。

ワイモバイルの取扱店舗は全国4,000店・ワイモバイルショップは約1,000店あります。

実店舗があれば、以下のような時でも安心です。

  • 端末の実物を見たい
  • スマホが紛失・故障した
  • プランの見直しをしたい
  • 店舗で各種手続きをしたい
  • 店員から詳しい話を聞きたい

格安スマホは実店舗がないから不安…と感じているなら、ワイモバイルがピッタリでしょう。

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

 

ワイモバイルのメリット⑤PayPayをお得に使える

ワイモバイルは、PayPayのポイントを貯めやすいメリットがあります。

  • Yahoo!ショッピングやPayPayモールで最大10%還元
  • ワイモバイルユーザー限定でPayPayの還元率がアップするキャンペーンが豊富
  • ワイモバイル「まとめて支払い」でPayPayにチャージすればポイントの二重取りが可能

まず、ワイモバイルユーザーがYahoo!ショッピングやPayPayモールを利用すれば、いつでもポイントが5%(Tポイント1%、PayPayボーナスライト4%)付与され、「Enjoyパック」というオプションに加入していれば、なんと10%( Tポイント1%、PayPayボーナスライト9%)が付与されます。

さらに、ワイモバイルのユーザーになれば無料で「Yahoo!プレミアム会員」になれるので、各種キャンペーンによりPayPayの還元率がアップして、PayPay残高がザクザク増えていくようになるでしょう。

Yahoo!プレミアム会員って?

Yahoo!が提供する有料会員制サービスで、会員になればYahoo!やPayPayで様々な優遇を受けられる。

また、当サイトの「【2020最新】PayPayのお得なチャージ方法は?二重取りも可能!」でも紹介していますが、PayPayと連携してワイモバイルの「まとめて支払い」でチャージしていけば、クレカとPayPayで還元ポイントの「二重取り」も可能です。

とにかく、ここではお伝えできないほどワイモバイルユーザーはPayPayでおトク!

ワイモバイルを利用するならメインのキャッシュレスをPayPayにすると良いでしょう!
azusa

 

今なら契約で3,000円相当のPayPay残高がもらえる!

現在ワイモバイルでは、事前にこちらのページからエントリーした上でワイモバイルに契約すれば3,000円相当のPayPayボーナスライトがもらえるキャンペーンを開催しています!

スマホ料金を節約し、さらに3,000円のPayPay残高をもらえるのでとてもオトクです!
azusa

キャンペーンの適用を受けるには、Yahoo!JAPANのIDとPayPayアカウントの連携も忘れずに行っておきましょう。

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

 

ワイモバイルのデメリットや注意点

ワイモバイルのデメリットや注意点

さてここからは、ワイモバイルのデメリットについて解説していきましょう。

 

ワイモバイルのデメリットは以下の通りです。

  • データ使い放題・電話かけ放題のプランがない
  • データの繰越ができない

 

ワイモバイルのデメリット①データ使い放題・電話かけ放題のプランがない

現状ワイモバイルのデータ通信容量は最大17GBであり、10分以上の通話には30秒につき20円の通話料がかかるので、スマホをたくさん利用したい方には不向きです。

※ソフトバンクなら50GBのプランが登場しています

やっぱりデータは使い放題が良いし、電話もたくさんしたい…

という方がスマホ料金を抑えたいなら、楽天モバイルの方がおすすめでしょう。

楽天モバイルなら月額2,980円でデータ使い放題・電話かけ放題、さらに料金もワイモバイルのスマホベーシックプランR(17GB)より1,000円ほど安く利用できます。

楽天モバイルの概要

料金月額2,980円
データ通信楽天回線エリア:使い放題
パートナーエリア:5GB/超過後は最大1Mbで使い放題
通話Rakuten Link利用:かけ放題
通常:20円/30秒
契約事務手数料3,300円
契約期間縛りなし ※いつでも解約可
契約解除料無料

楽天モバイルも気になる方は、「楽天モバイルのメリット・デメリットを徹底解説【月額2,980円でデータ使い放題】」をご覧ください。

関連記事
楽天モバイルのメリット・デメリットを徹底解説
楽天モバイルのメリット・デメリットを徹底解説【月額2,980円でデータ使い放題】

 

ワイモバイルのデメリット②データの繰越ができない

ワイモバイルは、データの繰越ができないというデメリットがあります。

他社の格安SIMの多くは当月に余ったデータ量を翌月に繰越ができますが、ワイモバイルは対応していないため毎月のデータ量が安定しない人にとっては不便かもしれません。

現在のデータ量をチェックして、適切なプランを選びましょう!
azusa

 

ワイモバイルでお得で安全にスマホを使おう!

以上がワイモバイルのメリット・デメリットでしたが、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので低料金で安心してスマホを使いたい方にピッタリでしょう。

格安SIMでも大手キャリアでも必ずメリット・デメリットがあるので、きちんと把握した上での契約がオススメです。
azusa

この機会にワイモバイルに申し込み、おトクで快適なスマホライフをenjoyしてくださいね!

新規契約&乗り換えはコチラ▼

ワイモバイルに申し込む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-格安SIM
-

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5