webライティング

webライターの始め方や案件獲得方法を解説【初心者ブロガーにもおすすめ】

2020-02-07

webライターの始め方や案件獲得方法を解説【初心者ブロガーにおすすめ】

 

悩む人
ブログでなかなか収益が出ない。ライティングスキルを学びたい。ブロガーと並行できる在宅ワークはある?

 

悩む人
webライターの仕事を始めたいけど案件獲得方法が分からない。プロフィールや提案文はどう書けば良い?

 

本記事は、そんなあなたにおすすめです。

 

突然ですが、ブログ運営とwebライターのお仕事って、とても相性が良いことをご存知でしょうか?

 

特にあなたが"初心者"ブロガーなら、webライターをやらない理由はありません。

 

今回は、ブログとライター業を並行するメリットやwebライター業の始め方・案件獲得方法などについて紹介します。

 

プロフィールや提案文のテンプレートも用意しています。専業webライター歴3年の私にお任せください!
azusa

 

本記事の内容

 

  • ライター業がおすすめな理由(メリット)
  • webライターの始め方
  • 初心者向けの案件獲得方法
  • プロフィールや提案文の書き方(テンプレートあり)
  • webライターの報酬について

 

webライターに挑戦してみたいブロガー初心者はもちろん、webライターのお仕事を初めてみたいという方は是非参考にしてみてください。

 

それでは、はじめましょう。

 

初心者ブロガーがwebライターを始めるべき理由

初心者ブロガーがwebライターを始めるべき理由

 

まずは、初心者ブロガーがwebライターを始めるべき理由を解説していきましょう。

 

webライターはブログに比べ収益化が早い

 

ブログを始める理由は様々だと思いますが、ネットビジネスとして挑戦する人が多いでしょう。

 

しかしブログは、以下のようなデメリットがあり、稼げるようになるまでが大変です。
azusa

 

  • 収益化まで時間と努力が必要
  • 「絶対に収益化できる」保証がない
  • 収入が安定しない

 

それに対し「webライター」は、以下のようなメリットがあります。

 

  • 取り組んだ分の報酬を必ずもらえる
  • 収入がある程度は安定する

 

時間と努力が無駄になることもないので、ブログに比べて効率が良いと言えるでしょう。

 

ブロガーとwebライターの違いをまとめると、以下の通りです。

 

ブロガー:収益化まで時間がかかり稼げる保証もないが、夢がある

ライター:報酬額は決まっているが、取り組んだ分の収益は必ず発生する

 

そして「ブログを書こう!」と思ったあなたなら、webライターの仕事(文章を書くこと)に抵抗はないでしょう。

 

ブログが軌道に乗るまでの"つなぎ"としてもオススメです!
azusa

 

ブログに役立つライティングスキルを学べる

 

これからwebライターに挑戦しようと思っているあなたにまず知っておいて欲しいのが、「webライターとブロガーは似ているようで、実は全然違う」ということです。

 

まずはブロガーからいきましょう。

 

  • 好きなことを発信できる
  • 自由に書ける

 

そしてwebライターは

 

  • クライアントに指定されたことを書く
  • 正しい情報を書く
  • ライティングスキルが必要

 

もちろん「文章を書いて報酬を得る」という点では同じではあるものの、webライターは、自分の意思で書くブログとは異なります。

 

「自分以外の第三者(クライアント)を満足させる記事を書く・求める記事を書く」それがwebライターです。

 

そのため、ライティングスキルや正確な情報を見極める力(リサーチ力)がとても重要です。

 

webライターの仕事でこの2点を習得しておくことで、ブログ運営においてもかなり役立つことは言うまでもありません。

 

ブログ運営のヒントになる

 

webライターの案件内容は様々ですが、初心者ブロガーでも請負やすいのは以下のようなクライアントからの依頼です。

 

  • 記事を外注しているブロガー
  • 情報メディアの運営者or運営会社
  • アフィリエイトサイトの運営者or運営会社

 

つまり、webサイトで利益を出している方々です。

 

そんなクライアントのメディアや依頼内容は、今後自分のブログを運営していくにあたり、とても参考になるのではないでしょうか。
azusa

 

稼いでいるサイトのノウハウを自然と学ぶことができます。

 

webライターの始め方と案件獲得方法

 

まず、webライターの案件獲得方法は主に3通りです。

 

  1. クラウドソーシングで案件を探す
  2. メディアに直接営業する
  3. 相手から仕事依頼がくる

 

有名なブロガー、webライターともなれば黙っていても案件依頼がくるかもしれませんが、初心者は自分で仕事を探す必要があります。

 

その①クラウドソーシングに登録する

 

クラウドソーシングは簡単に言うと「仕事をしたい人」と「仕事を依頼したい人」を繋ぐサービスです。

 

無料で登録ができる上、登録後すぐに案件獲得も可能なので、初心者はクラウドソーシングで仕事を探すのが一般的でしょう。

 

webライター歴3年の私もほとんどこの方法で受注しています。
azusa

 

クラウドソーシングは色々ありますが、ブログ初心者・webライター初心者は、ランサーズが扱いやすいでしょう。

 

 

ランサーズの登録方法

 

まず、はランサーズトップページへアクセスし、「仕事を受けたい」タブから会員登録をクリックします。

 

 

登録方法は以下から選べるので、案内に従って登録していきましょう。

 

  • メールアドレス
  • Google
  • Yahoo!
  • Facebook
  • Linkedin

 

職業は「ライター」、希望時間単価は1,000円ぐらいでOKです。

 

 

次へを押すと登録は完了です。

 

登録後時間がある時に、本人確認、ランサーズチェック、機密保持確認、電話確認も済ませておきましょう。

 

\webライターへの第一歩/

ランサーズに登録する >

 

その②プロフィールを設定する

 

ランサーズにログインし、自分のユーザー名やアバター部分をクリックすると、プロフィールの編集ができます。

 

以下の項目は全て埋めておきましょう。

 

プロフィール写真:好きな画像(顔写真推薦)
表示名:ブログと同じ名前でもOK
キャッチフレーズ:「納期厳守を心がけます」「◯◯(ジャンル)記事が得意です」など
自己紹介:過去の職歴や資格など
稼働状況:「仕事できます」を選択
報酬額の公開設定:どちらでも

 

上記の入力が終わったら、個人情報の欄も入力してくださいね。

 

得意なカテゴリは、自分ができそうなことにチェックを入れてください。

 

わからないという方は以下にチェックを入れるとOKです。

 

  • 記事作成・ブログ記事・体験談
  • その他(ライティング)

 

最後に「保存する」をクリックすれば完了です。

 

その③案件を探す

 

まず、ランサーズマイページの上部にある「仕事を探す」をクリック。

 

カテゴリから探す>ライティング・ネーミングを選択すると、ライター案件が出てきます。

 

初心者であれば、さらに「記事作成・ブログ記事・体験談」に絞って探すと取り掛かりやすい仕事が見つかると思います。

 

ちなみに、プロジェクトとタスクの違いは以下です。

 

プロジェクト:クライアントに1:1で仕事をもらう(応募して承諾されれば作業開始)

タスク:数名が一斉に作業する仕事で、クライアントの承諾不要でその場で仕事に取り掛かれる(低単価・短時間で完了するものが多い)

 

登録したばかりの頃はタスク案件に取り掛かり実績を作るのも一つの手です。

 

タスク案件で実績を作ることで、プロジェクト案件も受注しやすくなります。
azusa

 

プロジェクトは、できるだけ「未経験OK」の案件を見つけましょう!

 

その④プロジェクトに応募する

 

気になる案件(プロジェクト)を見つけたら、仕事に応募する「提案」という作業を行います。

 

「提案」は、一般的な就職活動でいう履歴書の送付のようなものですね。
azusa

 

「応募はメッセージで」などの場合もありますが、ほとんどの案件が採用まで以下のような流れで進みます。

 

提案→クライアントの承諾(採用)→作業開始

 

依頼詳細やクライアント情報を隅から隅までしっかりと読み、特に以下の項目はよく確認しておきましょう。

 

  • 納期
  • 文字数
  • 文字単価
  • 画像選定の有無
  • クライアントの評価

 

気になる案件が見つかったら、「提案する」をクリックします。

 

 

挨拶からはじまり、簡単なプロフィール、応募した動機、アピールポイントなどを記載しましょう。

 

提案文のテンプレートは後で紹介します。
azusa

 

次に、提案金額を入力する項目が出てきます。

 

 

ここには、クライアントの依頼内容で指定されていた金額・納期になるように設定しましょう。

 

追加オプションは任意です。(初心者さんは気にしなくてOK)

 

内容を確認し、「利用規約に同意し、提案する」を押せば提案が完了です。

 

あとはクライアントさんからの連絡を待ちましょう。

 

案件に提案後の流れ

 

提案が採用されたら、ランサーズから通知が届きます。

 

本当に依頼を受けるかどうかの承諾ページが出てくるので、内容を確認し問題がなければ承諾しましょう。

 

この時点でわからないことがある時は、必ずクライアントさんに確認しておいてください!
azusa

 

承諾後は、以下のような流れで進みます。

 

  1. クライアントから仮入金
  2. 記事の執筆
  3. 納品(方法はクライアントの指示に従う)
  4. 修正対応など
  5. 問題がなければ完了報告
  6. クライアントが支払い手続き(入金)

 

当然ですが、仕事は納期厳守&コピペ厳禁です!

 

ライティングのやり方が分からない…という方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

関連記事
webライティングの手順とコツ【ライター・ブロガー初心者向け】
【ライター・ブロガー初心者向け】webライティングの手順とコツ

 

案件獲得できるプロフィールや提案文の書き方

【ブロガーにおすすめ】プロフィールや提案文の書き方

 

クラウドソーシングのプロフィールや提案文に正解はありませんが、活動していく上でとても重要な項目です。

 

何か自分の「売り」を見つけ、ばんばんアピールしていきましょう。

 

例えば初心者ブロガーなら、ブログを運営していることをアピールすればOKです。

 

例え成果が出ていなくても、立派な実績になりますよ。

 

以下でおすすめのプロフィールや提案文の例を載せておきます。
azusa

 

プロフィールの書き方

 

プロフィールには、以下を記載しましょう。

 

  • まずは挨拶
  • 自分の強みになること(趣味でもOK)
  • ブログ運営をしていること
  • 得意なジャンル
  • 作業・連絡可能な時間帯

 

※初心者であることをわざわざアピールする必要はありません。

 

プロフィールのテンプレート

 

以下のテンプレートは、本業で介護士・副業でブログ運営をしているママさんを想定しています。

 

はじめまして、●●●と申します。
現在、療養型の医療施設で介護士をしながら、ブログ運営・ライターをしています。
特技はピアノ演奏で、幼少期から●年間学び、コンクールでの受賞経験もあります。

▶︎学歴・資格

・●●大学●●学科卒業
・TOEIC●●点
・介護福祉士

▶︎職歴

・アパレル
・雑貨店でアルバイト
・介護士

▶︎得意なジャンル

・介護
・音楽
・ファッション
・育児、子育て

▶︎作業可能な時間帯

・平日の13時〜17時/21時〜24時
・土日祝日の8時〜15時

※ご連絡は24時間以内に返信いたします
※小さな子供がいるため作業時間が変動する可能性がございます

迅速な納品・クライアント様に喜んでいただける記事の執筆を心掛けております。

どうぞよろしくお願い致します。

 

伝えたいことはたくさんあるでしょうが、あまり長々と書きすぎないことがポイント。

 

小さい子供がいるなど迷惑をかける可能性のあることは必ず記載しておきましょう。

 

私がオススメするのは例文のような箇条書きです。
azusa

 

簡潔で読みやすいプロフィールに仕上げましょう。

 

提案文の書き方

 

案件獲得のための提案文には、以下を記載しましょう。

 

  • 挨拶&簡単な自己紹介
  • 案件に応募した理由
  • ポートフォリオとしてブログを提出できること(可能であれば)
  • 作業・連絡可能時間
  • 納期について(●日までに納品できるなど)

 

なお、提案文にも初心者であることを記載する必要はありません。

 

提案文のテンプレート

 

※先ほどの方が、介護系の案件応募を想定しています

 

はじめまして、●●でございます。
現在、介護士をしながらブログ運営・ライター活動をしています。

今回「(案件名)」の募集を拝見し、ご連絡させていただきました。

私は今まで●年間介護士の仕事に就いており、●●年には介護福祉士の資格も取得しました。
募集内容の●●に関しても知識と経験があるので、お役に立てれば幸いです。

ランサーズでの実績はまだ少ないので、運営中のブログに投稿した記事を提出させていただいてもよろしいでしょうか。
(URL)

作業時間は毎日●時間以上確保しており、メッセージは24時間以内に返信可能です。

もし今回採用していただけた場合、●日までにご依頼していただければ●日までに納品いたします。

クライアント様のご要望に答えられるよう、一生懸命お仕事をさせていただきますので、ご検討をよろしくお願い致します。

 

応募条件などに記載必須項目などがあれば、そちらも必ず記載しましょう。

 

思い切って「自信がある」とアピールしてみるのも良いです。

 

もしも応募する案件が知識の少ないジャンルなら、以下のように興味があること・しっかりとリサーチすることをアピールします。

 

「●●に関しての知識は少ないですが、とても興味がある内容ですので、応募させていただきました。徹底的に情報収集し、クライアント様が満足できる記事の執筆に努めますので、どうぞよろしくお願い致します。」

 

今回紹介した例は、私も実際に使用する提案文を一部改変したものです。

 

これでwebライターの案件を獲得できているので、是非取り入れてみてください!
azusa

 

webライターの報酬はどのぐらい?

webライターの報酬はどのぐらい?

 

webライターの報酬は基本的に「1文字●円」の形で組まれているのですが、その金額はピンキリです。

 

クラウドソーシングの募集に多いのは、0.5円〜2円ぐらいでしょうか。

 

それ以上の案件もたくさんあるのですが、私の経験からして、2円以上の案件は直接お声がかかるケースが多いです。
azusa

 

初心者はまず、文字単価1円の案件獲得を目指しましょう。

 

1文字1円の案件なら、3,000文字書いて3,000円の報酬になります。

 

しかし、案件獲得のハードルを下げたいなら、0.5円ぐらいの案件に挑戦するのがおすすめです。

 

  • 3,000文字なら1,500円
  • 1時間で書けるなら時給1,500円

 

私も最初は文字単価0.5円ぐらいの案件を受注していました。
azusa

 

webライターの仕事はブロガーと違ってやればやるだけ報酬が発生するので、稼ぎたいのであれば作業量を増やせば良いだけです。

 

作業時間を確保できる場合、1日に3,000円ぐらいなら初心者でも難しくありません。

 

webライターの仕事は魅力がたくさん!

webライターの仕事は魅力がたくさん!

 

webライターのお仕事は、以下のような魅力があります。

 

  • 即金性がある
  • 確実に収益化でき、安定する
  • ライティングスキルを学べる
  • ブログ運営に役立つ

 

正直、初心者ブロガーはもちろん、副業を探しているという方は「やらなきゃもったいない仕事」と思います。

 

私は3年間webライターの仕事をしていますが、これまでのライター経験はブログ運営にもとても役立っています。
azusa

 

「ブログに伸び悩んでいる」「毎日ある程度の作業時間を確保できる」「在宅ワークを探している」という方は、ぜひwebライターのお仕事にも挑戦してみてくださいね!

 

-webライティング

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5