仕事・副業

【webライター・ブロガー】仕事用の電話は必要?メリット&デメリットや番号取得の方法

2020-02-03

 

webライターやブロガーに事業用の電話番号っているの?

 

これからwebライターやブロガーになる人、または既に活動を始めている人は専用の電話番号を持つべきか悩みますよね。

 

結論から言うと、私はどちらでもいいと思います。
azusa

 

私はwebライターとして独立(開業届を提出)から2年になりますが、最近になってやっと事業用の電話番号を用意しました。

 

その理由は、、

  • 今まで「不便だ」と感じたシーンが何度かあった
  • 専用の電話番号を持っているとメリットが多い

 

かと言って、持っていなくても十分活動は可能

開業届を出すときも、プライベート用の携帯電話番号で問題ありません。

だから「どっちでもいい」というわけなのです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、本記事では、事業用の電話番号を持つべきかお悩みのwebライター・ブロガーさんに向け、以下を紹介します。

  • 事業用の電話番号を持つメリット&デメリット
  • 事業用の電話番号を用意する方法4つ

仕事用の電話を持つか・持たないかの判断材料にしてみてくださいね!

 

事業用の電話番号を持つメリット

 

あなたが仕事用の電話番号を取得するかしないかで迷っている理由はどういったものですか?

webライターやブロガーの場合、「あった方がいいのかな?」と曖昧なまま電話を用意しても、活用することができません。

 

ここから紹介するメリットをチェックして、目的を決めましょう。

 

その①名刺やブログに電話番号を掲載できる

 

webライターのお仕事探しは主にインターネットを利用している人が多いと思いますが、それ以外の手段で仕事が見つかることもあります。

 

  • 通常の就職活動と同じ方法でも探せる
  • 知人や友人の紹介で仕事をもらえる

 

なので、名刺を持っておくと便利です。

名刺には、屋号や名前・住所の他に、電話番号も記載するのが基本ですよね。

 

ブロガーなら、自分のサイトに連絡先として電話番号を掲載することもありますし、特定商取引法を表記しているなら、電話番号の掲載は必須です。

webライターと同様、名刺を作りたいブロガーもいるでしょう。

 

不特定多数の人がみる名刺やブログには、プライベートの携帯電話番号を掲載したくないものですが、事業用の電話番号があれば気兼ねなく掲載できます

 

その②信用性がアップする

 

「フリーランス(個人事業主)」は、企業に勤めるサラリーマンと比べ、信用性に欠けてしまうというデメリットがあります。

面識がないままお仕事を引き受けることの多いwebライターやブロガーなら尚更でしょう。

 

そこをカバーする方法のひとつが、電話で対応すること

決して会うことがなくても、電話でのコミュニケーションを取るか・取らないかでは全く違います。

 

名刺やブログに電話番号を記載しているだけでも「きちんと仕事をしている人だ」「プロ意識がある人だ」と好印象を与えることができます。
azusa

 

その③素早い対応ができる

 

メールやSNSでのやり取りは、

  • すぐに気付かない
  • 考える時間が必要
  • 文字を打つ時間が発生する

このような理由で時差ができてしまいがちです。

 

しかし、電話ならすぐに対応でき、相手を待たせることがありません。

お互いに要件も伝えやすいですね。

 

また、クライアントの中にはメールでのやり取りを嫌う人もいます。

「電話対応可」にしているとそういったクライアントからの依頼も引き受けることができるため、仕事量を増加させることにも繋がります。

 

その④仕事の幅が広がる

 

仕事のツールに電話を取り入れることで、webライターやブロガーから幅を広げていろいろな仕事に挑戦することができます。

 

  • 電話でのコンサル
  • 自分のwebサイトで情報や商品の販売
  • 編集者としてライターへの電話アドバイス
  • 紙媒体への営業・ライティング
  • 電話相談サービスを運営する など

 

自分の経験を活かし、初心者ライターや初心者ブロガーの育成をするなどそういったことにも活用できますね。

これらは電話でなくてもできることかもしれませんが、電話がある方が営業面では確実に有利でしょう。

 

事業用の電話番号を持つデメリット

 

webライターやブロガーが仕事用の電話を持つことは、メリットが多い反面デメリットもあります。

 

デメリットをカバーできる使い方ができるのであれば、持っておいた方が便利で、仕事のステップアップに繋がります。

 

その①料金がかかる

 

電話番号をひとつ用意するとなると、当然お金がかかります。

 

どんな方法で取得するかにより料金は異なりますが、月2,000円かかるとしたら、年間24,000円の支出が増えることになります。

 

「仕事用の電話を持ちたいけど料金が気になる」という人は、できるだけ安く利用できる手段を取りましょう。

 

事業用電話の導入はいつでもできるので、収入が増えてから検討しても◎
azusa

 

その②使わない可能性もある

 

webライターやブロガーが誰かとやりとりをする時は、メールやSNSを利用することが多いでしょう。

電話を使用する機会はほとんどないかもしれません。

 

せっかく電話があっても使わないのであれば、ただただ無駄になってしまいますよね。

 

初心者ライター・ブロガーの人は、実際に活動してみて、「必要だな」と思うまで保留しておいてもいいでしょう。

 

仕事用の電話番号を新たに用意する方法

 

番号の取得方法は主に4つ。

 

  • 固定電話を契約する
  • 新しい携帯電話やスマホを契約する
  • IP電話を利用する
  • 転送電話サービスを利用する

 

ちなみに私は、仕事とプライベートで完全に分けてメリハリを付けたかったため、格安SIMでスマホを契約しました。

2台持ちは面倒ですが、仕事専用のLINEアカウントも作れるので便利ですよ。

 

仕事に関連するwebサイトの閲覧やTwitter、ブログの管理なども全て事業用のスマホで行うことにしています。
azusa

 

目的や利便性、予算に合わせて適切な取得方法を選んでみてください。

 

信用性を重視するなら固定電話がベスト

 

事業用の電話に固定電話を設定すると、フリーランスとしての信用性を高めることができます。

 

また、カードローンやクレジットカードなどの審査において個人事業主の信用性は低いですよね。

事業用の電話番号に固定電話を設定していれば、その点を少しカバーすることもできます。

 

すでに自宅に固定電話がある人は、2回線目を契約すれば新しい番号を取得できますよ!
azusa

 

ただし、以下のようなデメリットがあるため、固定電話の契約は少しハードルを感じるかもしれません。

 

固定電話のデメリット

  • 契約手続きが面倒
  • 設置場所以外で使用できない
  • 初期費用や基本使用料などお金がかかる
  • 営業や勧誘電話がくる可能性がある

 

スマホや携帯電話のようにどこでも使用できないのはちょっと不便ですよね。

しかし、事業を大きくしていきたい・信用されたいのであれば、固定電話は必須でしょう。

 

お得に使いたいなら「格安SIM」

 

新しい携帯電話やスマホは、大手キャリアで契約するとそれなりの費用がかかります。

仕事用に2台目を契約するなら、格安SIMが圧倒的にお得

使っていないスマホを使うか、オークションなどで中古機種を入手すればさらに費用を抑えられます。

 

格安SIMのメリット

  • 基本料金が非常に安い
  • インターネットも利用できる
  • 契約の縛りがない・またはゆるい
  • どこでも電話対応できる
  • 契約手続きが早い・簡単

格安SIMのデメリット

  • 2台持ちが面倒
  • 固定電話に比べ信用性が低い
  • 通信速度や通話品質が不安定
  • 通話料金が高いことも

 

とりあえずお得に使いたい・ネットも使いたいなら格安SIMがベスト。

ただし通話量が多い人は逆に高くついてしまうことがあります

 

格安SIMを提供している会社はたくさんあるので、自分に合ったものを選んでみてください。

 

私は楽天ユーザーなので、楽天モバイルで契約!機種代・ネット代・通話代込み月々2,000円〜3,000円で利用できそうです。
azusa

 

>>楽天モバイルの詳細をチェックする

 

データと通話が使えて月々1,480円〜契約できます。

 

2台持ちが面倒ならIP電話がおすすめ

 

IP電話とは、Internet Protocol(インターネットプロトコル)という通信方式を採用し、インターネットを利用して通話する電話サービスです。

なんだかややこしいですが、ネット回線のみで通話すると覚えておいてください。

 

IP電話はスマホアプリでも利用することができ、050から始まる電話番号を取得することができます。

 

IP電話のメリット

  • 基本料金・通話料が安い
  • アプリなら契約や解約が簡単
  • スマホで利用できるものもある
  • 2台持ちしなくていい

IP電話のデメリット

  • 通話品質が微妙
  • 緊急番号やフリーダイヤルが使えない

 

スマホアプリをダウンロードし、支払い情報を登録すれば今すぐに導入することも可能です。

GoogleストアやApp Storeで「IP電話」と検索すればいくつか出てきますよ。
azusa

 

「あまり使わないけど一応用意しておきたい」という人はIP電話がおすすめです。

 

固定電話番号をレンタルできる転送電話サービス

 

転送電話サービスは、固定電話番号をレンタルし、自分の指定した電話番号(携帯など)に転送してくれるもの。

名刺やブログへの掲載ももちろんOKです。

 

回線の契約や電話機の購入をすることなく固定電話番号が持てるため、個人事業主に人気のサービスです。

 

料金は契約する会社によりさまざまですが、Toones転送電話なら、なんと月額1,050円〜固定電話番号を持つことができますよ。

 

ハッキリとした目的があるなら持つべき!

 

主にインターネット上でお仕事をしているwebライターやブロガーにとって、仕事用の電話番号は必須ではありません。

 

場合によってはただの無駄使いになってしまうことがあるため、電話番号を取得するなら、目的を明確にすることが大切です。

 

実は以前ツイッターでアンケートをとってみたのですが、そこでは「不要」という回答が多かったです。

しかし私はメリットの多さに惹かれ、導入を決めました。

 

ビジネス専用の電話番号を持つことで仕事とプライベートにメリハリがつくようになり、不思議とモチベーションもアップしましたよ。
azusa

 

自分にとって最適な方法を見つけ、ビジネスのステップアップに繋げましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-仕事・副業

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5