Webライターが稼げるジャンル5つ【特徴を理解して高単価を目指そう】

なやうさみのアイコン画像なやうさみ

 Webライターを始めたけど、どんなジャンルの案件を受ければ稼げる…?

結論から言って、専門的な知識や資格がないWebライターが稼ぐために最も重要なのは「スキル」です。

とはいえ、専門性があれば高収入を得られますし、Webライターとして安定した稼ぎを得るなら、ジャンル選びにもこだわりたいですよね。

この記事で分かること

  • Webライターが稼げるジャンルの特徴
  • 稼げると言われているジャンル5つ

ジャンルを絞って効率よく稼いでいきたいという方は、ぜひ案件選びの参考にしてみてください!

あずさ(@azs048xx
目次

Webライターが稼げるジャンルの特徴4つ

まず、Webライターが稼げるジャンルには以下のような特徴があります。

  1. 単価が高い
  2. 専門性が高い
  3. 案件が多い
  4. 収益が上がりやすい

稼げるジャンル選びの参考になるので、サクッとチェックしておきましょう。

特徴①単価が高い

当然っちゃ当然かもですが、単価が高い案件は稼ぎやすいです。

あずさのアイコン画像あずさ

個人的には単価が高いからといって必ず稼げるわけではないと思ってますが、一つの条件ではありますね。

同じ文字数・時間で書いたとしても、単価が高ければその分収入は増えるでしょう。

特徴②専門性が高い

専門性が高いジャンルも、稼ぎやすいと言えます。

理由は単純で、知識が必要だから。当然ライティングは正確性が問われますから、あいまいな知識では書けません。

専門性が高いジャンルは誰でも書けるわけではない分、高単価で長期契約にもつながるので安定して稼ぎやすいでしょう。

特徴③案件が多い

稼げるジャンルの特徴として、案件数が多いことも挙げられます。

というのも、いくら単価が高くても仕事が少なければ稼げません。稼ぎたいWebライターは単価ばかり気にしがちですが、案件数とのバランスは絶対に考慮すべきでしょう。

単価が高いジャンル=稼げるジャンルではありません!

特徴④収益が上がりやすいジャンル

収益が上がりやすいジャンルの案件は、比較的単価が高く案件数も多い傾向にあります。

収益が上がりやすいジャンルというのは、

  • 需要が高い
  • 広告単価が高い(または売りやすい)

などの特徴をもつ案件。つまり、サイト運営者(クライアント)が儲かるジャンルですね。

当然、儲かるなら外注費をかけられるので、受注するWebライターも稼げるというわけです。

Webライターが稼げると言われているジャンル5つ

では、具体的にWebライターが稼げると言われているジャンルをみていきましょう。

  1. 金融系
  2. 美容系
  3. 不動産
  4. 医療系
  5. 転職系

順番に解説していくので、案件探しの参考にしてみてくださいね。

ジャンル①金融系

お金に関係するジャンルは需要や専門性が高く、収益につなげやすいのでWebライターも稼ぎやすいです。

案件例

  • FX・株取引
  • カードローン
  • 保険
  • クレジットカード

金融系の案件は、銀行や証券会社の勤務経験者やファイナンシャルプランナーの資格保持者が優遇されやすいジャンル。

金融の知識とWebライティングスキルを併せ持った人であれば、より高単価で受けられるかもしれません。

ジャンル②美容系

美容系のはアフィリエイト広告が多く、女性の永遠のテーマなので常にニーズが高いジャンルです。

案件例

  • 脱毛
  • ダイエット
  • サプリ
  • コスメ
  • エステ

特に脱毛は重宝されており、「脱毛ライター」と名乗っている人もいるほど。実際に脱毛サロンで働いていたり、利用経験があったりする人は高単価案件を獲得しやすい傾向にあります。

ただし、女性であれば比較的に書きやすいジャンルですから、ライバルが多いのがネック。

美容系の案件を勝ち取ってガッツリ稼いでいきたいなら、経験や知識の他にライティングスキルも磨きましょう!

ジャンル③不動産

不動産に関係するジャンルも、稼げると言われています。

案件例

  • 住宅購入のアドバイス
  • リフォーム
  • リノベーション
  • 空き家

というのも、住宅にしてもリフォームにしても、基本的に販売単価が高いからですね。住宅購入の話となれば、執筆するWebライターもある程度の専門知識が必要でしょう。

宅建などを持っている・不動産での営業経験があるという方は、なおさら有利かもしれません。

ジャンル④医療系

医療系ジャンルは文字単価が高いことで有名です。

とはいえ、YMYL(人々の幸福、健康、経済的安定、安全に影響を与える可能性のあるページ)の代表ジャンルとも言えますから、正しい知識が必要不可欠。

無資格のWebライターでも採用の可能性はありますが、

  • 医者
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 理学療法士

といった資格保持者が重宝されるジャンルですね。ネット内のリサーチでなんとかなるジャンルではないので、無資格者が応募する場合は猛勉強する覚悟で挑みましょう。

ジャンル⑤転職系

転職系も、需要の高いジャンルです。しかも、他の稼ぎやすいジャンルに比べニッチな専門知識は必要なく、誰でも書きやすいのが魅力。

今の時代、社会人にとって転職は当たり前になっていますし、アフィリエイト広告数も増えてきているので、今後もますます案件は増えると予想されます。

これといった専門知識がないけど稼ぎたい!という人は、まず転職系に挑戦してみてもいいかもですね。

さいごに:Webライターはスキルを磨けばどのジャンルでも稼げる!

今回は、Webライターが稼げるジャンルについて解説しましたが、正直専門ジャンルでずば抜けた原稿料がもらえるのは医者や看護師、FPといった有資格保持者のみです。

多ジャンルの案件を受け、複数ライターと関わってきたディレクター目線でお話すれば、無資格のWebライターに最も求められているのはライティング力やリサーチ力、SEOの知識でしょう。

つまり、読者やクライアントが必要とする情報を過不足なく収集し、適切な方法で心に刺さるような文章を書けるWebライターですね。

いくら稼げると言われているジャンルで案件を獲得できても、スキルがない限り単価は上がりませんし、継続して稼ぐのも難しいでしょう。

得意ジャンルや専門知識があれば案件獲得のハードルは下がるかもですが、まずはWebライターとしてのスキルアップを意識すべき。

特に初心者のWebライターは、稼げるジャンルにフォーカスしたところでなかなか稼げません。

あずさのアイコン画像あずさ

自分が最も能力を発揮できる案件で経験を積み、信頼性を高めて高収入を目指していってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

関西在住20代フリーランス・シングルマザー。産後4年間の病棟介護士を経て、独学でWebライティングを開始。SEO記事を専門に執筆を重ね、2年目に月収50万円を突破。現在は、Webライター兼Webディレクター、編集者として複数メディアで活動しつつ、SEOに特化したライティング講師を務める。

目次
閉じる