子育て

ママだって一人になりたい!対処法や子育て中のストレス発散法を紹介

ママだって一人になりたい!子育て中のストレス発散法を紹介

この記事では、子育てママが「一人になりたい」と感じた時の対処法やストレス発散法を紹介していきます。

子供と離れて一人になりたい…。育児に疲れてイライラしちゃう…。

こう思っているママさんは多いはず。子育てをしていると、イライラしたり、一人になりたいと感じたりして当然です。

そんな時は、自分のためにも子供のためにも思い切って一人の時間を作るのがおすすめです。

とはいえ、専業主婦のママはなかなか一人になれる機会が少ないでしょう。そんなママさんでも少しの工夫で一人の時間を作れる方法を紹介しているので、是非参考にしてみてください!

 

この記事で分かること

  • ママが一人になりたいと感じるのは当然のこと
  • ママの”一人になりたい”を実現させる方法
  • 自宅でできる簡単なストレス発散方法

子育てママが「一人になりたい」と感じるのは当然のこと

子育てをしていれば「一人になりたい」と感じることもあるでしょうが、そんなことを考えるのは”ダメな母親だ”と自分を責めてしまっていませんか?

子供とずっと一緒にると成長を間近で見れる喜びがある反面、子供のワガママに振り回されてイライラしてしまうこともありますよね…。

しかし、ママだって一人の人間。一人になりたいと感じたり、イライラしたりするのは当然であり、何も悪いことではありません。

大切なのは、そういった自分の気持ちを素直に受け止め、きちんと対処してあげること。

なので、子育てママが疲れたら、思い切って自分一人だけの時間を作り、心をリフレッシュさせましょう。そうすればきっと、子供にも穏やかに接することができますよ。

 

子育てママが一人になりたい時はどうすればいい?

では、実際に子育てママが一人になりたい時にはどうすればいいのか、その具体的な方法を見ていきましょう。

 

①子供を早く寝かせる・朝活する

子供を早く寝かせたり、朝活したりするのは、ワンオペ育児や専業主婦のママでも挑戦しやすい方法です。

未就学園児の睡眠時間はだいたい10時間前後と言われているので、早く寝かせることは子供の成長過程でも重要。例えば、20時に就寝させて6時に起床させれば、子供の発達にも充分な睡眠時間が取れるでしょう。

そして、子供が20時に寝てくれたとすれば、ママはそこから必然的に一人の時間が作れるのです。ママが24時に就寝するとしても4時間も自由な時間が取れますね。

なお、早く寝かせることが難しいなら、朝活が最適でしょう。子供がいつも8時に起きる場合、5時くらいに起きれば3時間程を自分の為だけに使えます。

 

②旦那や両親にお願いして子供と離れる時間を作る

旦那様・ご両親にお休みの日や都合のいい日があれば、たまには子どもを預けて自分の時間を作りましょう。

預けることには罪悪感を抱く方もいるかもしれませんが、ママと離れて過ごすというのは子供にとっても良い経験になります。

また、パパやおばあちゃん・おじいちゃんは子供と二人きりになるのが珍しいので、子供のお世話をお願いされても意外と喜んでケースが多いです。子どもを一人で見ることがどんなに大変なことなのかを旦那様に知ってもらういい機会にもなりますよ。

子供を預けている間は、ショッピングを楽しんだり、お友達とランチへ行ったり、美容院やネイルサロンなどに行って気分を変えてみるなど、今自分一番がやりたいと思うことを楽しみましょう。

 

③ベビーシッターサービスを利用するのもあり

旦那には任せられない…。実家には頼りたくない…。

そんなママは、思い切ってベビーシッターさんにお願いするのもあり。お金はかかってしまいますが、育児のプロなら子供も安心して預けられるでしょう。

ベビーシッターに子供を預ければ誰にも気を使うことなく「ママの一人になりたい」を叶えられる上、以下のようなメリットがあります。

  • 遊びや勉強を教えてもらえる
  • 家事(掃除や洗濯)もしてもらえる
  • 自宅でみてもらえるから子供も安心

単に子供を預かってくれるだけではなく、英語や算数などの教育をしてもらえるケースも多く、家事をしてくれるシッターさんもいるので、ママは完全にお休みできますね。

なお、ベビーシッターさんは、マッチングサービスを利用して探すのが一般的。

例えば業界大手の「ピックシッター」なら、”バイリンガル”や”元保育士”など様々な特性を持つシッターから、自分の子供と合う人を選べます。

参照:ピックシッター

0歳から15歳まで幅広い年齢に対応し、1時間1,500円〜と安心の料金設定。現在の対象エリアは東京、埼玉、千葉、神奈川となっていますが、順次全国に拡大が予定されているので、お近くのママさんは一度利用してみても良いかもしれません。

≫ピックシッター公式ホームページ

他にもベビーシッターとのマッチングサービスはたくさんあるので、気になるママは「ベビーシッター」と検索してみてくださいね!

 

一人になりたいと感じるママが実践できるストレス発散法

子どもと常に一緒にいると色々なストレスが溜まるもの。例えば、イヤイヤ期の子供が何を言っても「嫌だ!」と拒否してくるのは当然ですが、常に一緒に過ごしているママにとってはストレスの原因になりますよね。

どんなにイライラしても子どもと一緒に生活していかなければいけませんが、ストレスを溜めたままずっと一緒にいることは不可能。ママにも一人の時間やストレス発散が必要です。

でも、旦那は忙しいし、両親は遠方にいるから預けられない…。ベビーシッターさんにお願いするのも罪悪感を感じる…。

このようなママでも普段から実践できる、簡単なストレス発散方法をみていきましょう。

 

①1日15分の自由時間でプチリフレッシュ

一人の時間を長時間作ろうと思えば難しいですが、15分程なら意外と簡単に作れるものです。

  • 旦那様が子供をお風呂に入れてる時間
  • 犬の散歩
  • 子供のお昼寝時間
  • 子供の習い事の待ち時間
  • 子供が好きなテレビを見ている時間

このような時間に、ついついできることをしてしまおうと思いがちですが、ここは思い切って自分のために使ってみましょう。たった15分と思うかもしれませんが、その15分が大きなリフレッシュに繋がります。

15分でできそうなことは以下にまとめてみたので、是非参考にしてみてくださいね。

スマホゲーム

テレビゲームはなかなか難しいですが、スマホならいつも手元にあると思うので空いた時間にさくっとゲームできちゃいます。

ちょっと高級なコンビニスイーツ

子育てをしているとコンビニスイーツでも贅沢に感じますよね。新作も頻繁に出ているので、自分へのプチ贅沢をする楽しみがあるだけでもモチベーションが上がりますよ。

余談ですが、旦那や子供に隠れてコソッと食べるスイーツほど美味しいものはありません…。

お昼寝

睡眠もストレス発散に繋がりますが、15分程度のお昼寝は健康的で脳がリフレッシュされます。好きなアロマオイルなどを利用してリラックス効果を高め、目を閉じて休ませるだけでもストレス発散に繋がりますよ。

運動

運動と言えば外に出ないといけないイメージですが、YouTubuなどで流行っているダンス動画を利用したり、筋トレなど身体を動かして汗を流したりする方法もあります。たくさん汗をかけば、ストレス発散できますよ。

犬の散歩をする

犬を飼っていれば散歩をして外の風に当たりましょう。音楽を聞きながら愛犬と自分のペースで歩くということは、子育て中には貴重な時間ではないでしょうか。

 

②家事を手抜きする

子育てをして家事も完璧にこなすのは、思いの外体力を使います。毎食子供に栄養価の高い食事を用意することも大切ですが、そんな生活を毎日続けると苦しく感じることもあるでしょう。

なので、たまには息抜きのために家事を手抜きしてみてください。掃除も洗濯も毎日ピカピカにする必要はありません。

たまにはこれで良い!

  • 外食やお惣菜に頼る
  • 掃除機をかけるのをやめる
  • 拭き掃除をやめる
  • 洗濯をしない
  • 部屋を片付けない
  • トイレ掃除をしない 等

家事の手抜きをするのはズボラなイメージもあり、やりたくない方も多いかもしれませんが、いつもしてることを何か一つ諦め、思い切って「やめる」ことも必要です。

1つ家事を手抜きしたその時間を何か好きなことをする時間に変えましょう。

 

③ストレスに感じていることを口に出すのも大切

ストレスを感じていても、なかなか口に出して伝えられませんよね。

「口に出すほどでもないかも」とため込んでいく方もいると思いますが、何事も塵も積もれば山となるで、ストレスもいつか爆発してしまう可能性があります。

そうならないためにも、以下のような方法で自分の思いを伝える手段を見つけましょう。

  • 旦那様に話す
  • 友達(ママ友など)に話す
  • 両親に話す
  • 日記などに書き込む
  • ママサークルなどに行って話す

誰かに話すのが最適ですが、誰にも話せないのであれば日記やノートに書いてスッキリする方法がおすすめ。

自分の中に溜め込んでおくのではなく、どこかに吐き出す場所を作ることも一つのストレス発散法ですよ。

 

子育てママの「一人になりたい」は当たり前!育児には休息も必要です

子供の成長とともに子育ての悩みや不安は増していくものですが、ママがそれらを抱えたままでいると、楽しいはずの子育ても辛いだけのものになってしまいます。

ママのストレスやイライラは子供にも伝わるので、子育てにも悪影響。逆に、ママが笑顔でいれば、子供も幸せに過ごせます。

なので、ママが一人になりたいと思ったのであれば、思い切ってリフレッシュしてください。

家族やベビーシッターにお願いすれば一人の時間は作るのが難しい方は、まずは気軽にできるストレス発散方法から実践してみてくださいね。

≫ベビーシッターを探したい方はこちら

Pic up

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-子育て

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5