お金のこと

ミニバンの中古車に1年間でかかる維持費は?【10万キロ超・10年落ち】

2020-02-07

 

古くて安い中古車って、あとで結局費用がかかるんじゃないの?中古車の維持費ってどのぐらい?

 

中古車販売店へ行くと、10万キロ超えてようと10年落ちだろうと、まだまだ乗れる車がたくさん販売されていますよね。

 

車の走行距離はそこまで気にしないという人も多いですし、いいモノを選べば故障することなく長期間乗ることもできるでしょう。

 

しかし、中古車を購入するなら、維持にかかる費用を前もってチェックしておかないと痛い目にあう可能性があります。

 

私は安くて古いミニバンの中古車を購入し、予想外に費用がかかってしまいました。
azusa

 

今回は、そんな筆者の体験談も含めながら、中古車にかかる費用について解説していきます。

 

本記事の内容

  • 車の維持費とは
  • 筆者が購入した中古車のスペック
  • 中古車のミニバンに1年間でかかった費用
  • 中古車選びのポイント

 

これから中古車を購入しようと思っている方は、是非参考にしてみてください!

 

購入時のスペック&購入価格

 

購入した車(ミニバン)は、TOYOTAのエスティマ。

 

スペックは以下の通りです。

 

車種:エスティマ
グレード:アエラス
年式:平成20年
走行距離:103,000km
修復歴:なし
車検:残りわずか

 

購入価格(総額)

 

車両価格:約30万円
保証(半年間):約8万円
オプション:約12万円

その他:約30万円
合計:81万円

 

車両価格は格安でも、他にも色々お金がかかるんですよね。

車検は残りわずかだったのでついでにお願いし(オプションに含む)、保証は「カーセンサーアフター保証」というものに加入しました。

 

カーセンサーアフター保証とは

中古車にトラブルがあったときに修理代金を保証してもらえるサービスで、加入は任意。

  • 保証期間内であれば費用・回数無制限※半年プランの場合は上限30万円
  • 半年〜3年で保証期間を選べる
  • 料金は排気量や経過年数、走行距離により異なる

 

選んだ理由と中古車に求めていたこと

 

エスティマのアエラスを選んだ理由は、単純に好きなモデルだったからです。

 

10年落ちとかなり古いですが、スペック的には自分が探していたものとドンピシャでした。

 

どうしてこのスペックを探していたかというと、今回車を購入するにあたり自分の中でこのような条件があったからです。

  • ミニバン
  • 3年ぐらい乗れる
  • 価格が安い
  • 後部座席にモニター付き

車の知識がほとんどなかったので、多くは求めていませんでした。というより、何を求めればいいのかすら分からないレベルでしたね。

試乗してみてハンドルやブレーキ、アクセルに問題がなかったので購入を決めました。

 

中古車探しはインターネットで

 

ミニバンを探すときは、インターネットを利用しました。

 

中古車探しのサイトにて

  • 車種
  • スペック
  • 予算
  • 販売店の場所

など細かく絞り込みをし、そのまま問い合わせたり、見積もり依頼したりできて便利でした。

ローンの仮審査もしてもらえるようです。

 

利用したサイトは、以下の2サイト。

>>グーネット
>>カーセンサー

 

中古車情報は日々更新されるので、購入したミニバンに出会うまで1ヶ月ほど毎日チェックしていましたよ。
azusa

 

中古車は遠方(他県など)の販売店のものを購入することもできますが、私は現物を確認したかったため、近隣店舗の中から探しました。

 

1年間でかかった費用は●●●円!

 

走行距離10万キロ超え、10年落ちのミニバンに1年間乗ってみて、かかった費用は以下の通り。

 

修理(2回):24万円
タイヤ交換:4万円

合計:28万円

 

もちろん、上記に加え、ガソリンや自動車税、オイル交換などの維持費も必要です。

 

タイヤはスタッドレスタイヤを履いた状態で購入したため(我が家は必要のない地域)はじめから覚悟していましたが、2回の修理は予想外でした。

しかも、購入時に修理保証に入っていたのにもかかわらず、この金額です。

 

1年間で修理2回はなぜ?

 

1度目の修理は、購入から半月もしない時。

オイル交換へ行くとオイル消費が激しく、エンジンの交換が必要だということになりました。

 

どうやら私の購入した型のエスティマは、エンジントラブルが多いそう・・・
azusa

 

修理総額は、なんと50万円。

 

半年間の修理保証に入っていたため、修理代のうち30万円は保証から出ましたが、残りの20万円は自腹です。

 

そして2度目の修理は購入から約10ヶ月後。

ブレーキを踏むと、とても軽く奥までいってしまい、ブレーキが全く効かないのです。

 

なにこれ!怖すぎ!と即ディーラーへ持ち込みました。
azusa

 

ディーラーでチェックしてもらうと、マスターシリンダーという部品が原因とのこと。

 

ブレーキ関連は致命的ですから修理しない訳にもいかず、ここでまた4万円の修理費用が発生しました。

 

ディーラーさんは、10万キロを超えると何かと問題が出てくる車が多いと言っていました。

 

タイヤはこだわらなければ安い

 

ミニバンやセダンなどタイヤサイズが大きな車は、当然タイヤも高いですよね。

 

しかし、新品タイヤでも、メーカーにこだわらなければ安くで交換することができます。
azusa

 

私は、「なんせ3年乗れたらいいという車なのでとにかくお金をかけたくない」そんな思いから安いタイヤを探しまくりました。

 

その結果、「KENDA」という海外メーカーのタイヤに決定。

17インチ、工賃込み4万円の格安でした。

 

created by Rinker
¥7,069 (2020/09/21 07:19:34時点 楽天市場調べ-詳細)

 

実際にKENDAのタイヤを3ヶ月間使用していますが、私はタイヤにこだわりがなく知識もないので、正直国産メーカーとの違いは分かりません。

 

  • 一般道、高速道共に快適に走れる
  • 音も気にならない
  • 片道4時間弱の旅行でも平気

 

多くを求めない方なら十分だと思います。

 

購入費用との合計は・・・

 

走行距離10万キロ超、10年落ちの古いミニバンの購入〜1年間でかかった費用のトータルは以下の通り。

 

ミニバンの購入費用:81万円
修理とタイヤ交換:28万円

合計:109万円

 

まぁ、こんなもんかなとも思いますが、「3年乗れたらいいな」の格安カー(30万円)に1年間でこれだけのお金がかかりました。

あと2年間持つかどうか・・・

 

この金額出すなら、新車の軽四を買えないこともないです。それだったら3年とは言わず、10年近く乗れるかもしれません。

 

ミニバン(エスティマ)となるとガソリンや税金も高いですし、節約したいなら断然軽四ですよ。やっぱり。
azusa

 

とはいえ、使い勝手や乗り心地にはかなり満足しています。古くても十分。

走りのいい車に乗りたい人はやっぱりセダンか大きめのミニバンですね。

 

失敗から学ぶ中古車選びのポイント

 

10万キロ超・10年落ちの古くて安いミニバンを購入したのはいいものの、1年間で予想外の費用がかかってしまいました。

初めての中古車で無知でしたし、考えが安易だったと反省しています。

 

私が今回の失敗から学んだのは3つ。

  • 保証の大切さ
  • 知識のない人が中古車を選ぶのは危険
  • 運が良い・悪いも影響するかも

 

あくまでも私個人の意見ですので、参考までに読み進めてみてください。

 

その①費用や回数に上限のない保証に入る

 

先ほどもお伝えした通り、私はカーセンサーアフター保証に入りましたが、半年プランを選択したため費用の上限は30万円でした。

 

その結果、保証期間内に発生した修理が保証の上限を上回っていたため20万円もの費用を負担することに。

 

大丈夫だろうという安易な考えで上限があるプランを選択しましたが、これは完全に失敗でした。
azusa

 

中古車の保証は、カーセンサーアフター保証以外にもショップ独自のものなど色々あります。

予算の問題などもあるでしょうが、何かあったときのためにしっかりと加入、そして内容を確認しておきましょう。

 

その②詳しい人に相談する

 

私は中古車の購入を決める前、車に詳しい人を連れて行き実際に現物を見てもらいましたが、予想外のトラブルが発生してしまい、結果的に1年経たないうちに修理することになってしまいました。

 

でも例えば、以下のように目に見える部分ってあるじゃないですか。

 

  • 部品が劣化している
  • 前の人の運転方法などによる「変なクセ」がある
  • 状態に見合う価格なのか
  • ブレーキやアクセル、ハンドルの状態

 

これって私みたいなど素人には分からないんですよね。

販売店はとにかく売りたいわけですから、「車に詳しくない」と思われたらそれ相応の対応をされることだってあります。

 

車の構造や中古車に詳しい人に相談することで、少なくとも、致命的な問題がある車を購入する・相場違いの車を購入するなどといったことは防げるのではないでしょうか。

 

その③「運」も大きい

 

個人的な意見ですが、車(中古車なんて特に)って、運の問題も大きいと思います。

 

どれだけ詳しい人がどれだけ慎重に選んでも、壊れるときは壊れるんです。

どんなに状態のいい車でも、ある日突然乗れなくなっちゃうことだってあります。

 

私は以前、軽四の新車を購入した経験があるのですが、原因不明のブレーキトラブルにより、たった3年で手放しました。

もう「運が悪かった」としか言いようがありませんでしたね
azusa

 

不思議なことに、運ってあるんですよ。きっと。

 

ポイント

新車・中古車に関わらず、車を買うなら、購入費・維持費以外にお金がかかる可能性があることを想定しておきましょう!

 

まとめ

 

古くて安い中古のミニバンに1年間乗ってみましたが、トラブルはあったものの10万キロ超・10年落ちでもしっかり走っています。

 

ただし、中古車を買うときは購入費以外にも色々とお金がかかることを想定しておいたほうが良さそうです。
azusa

 

さらに、10万キロを超えてくると部品交換など細々したメンテナンスも頻繁に必要となるでしょう。

 

これから古くて安い中古車購入を考えている人は、それらを踏まえた上でお気に入りの車を見つけてくださいね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-お金のこと

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5