【スマホ代が親子で3,000円以下】シングルマザーは格安SIMを活用せよ

この記事では、シングルマザーでもスマホ代を大幅に節約できる「格安SIM」について紹介していきます。

なやうさみのアイコン画像なやうさみ

毎月のスマホ代を少しでも節約できたらいいのに…。子供にスマホを持たせる余裕がない…

というシングルマザーは、必見です。

我が家は子供一人、母一人の母子家庭ですが、スマホは全部で3台契約中。内訳は、私のプライベート用、仕事用、娘用です。

そのうち2台を格安SIMに乗り換えたら、なんと驚き毎月のスマホ代が2台で合計3,000円を切りました。

これをママ友に伝えると、「格安SIMってよく分からないけど乗り換えて不便にならないの?どれを選ぶのが正解?」といった疑問をよく聞くので、ここで徹底解説していきたいと思います。

この記事で分かること

  • スマホ代の節約には格安SIMが必須
  • 格安SIMの基礎知識
  • 自分に合う格安SIMはどれ?
目次

スマホ代の節約には格安SIMが必須

これは結論ですが、スマホ代を節約するなら格安SIMに乗り換える他ありません。

格安SIMに乗り換えた時の料金例

  • データ・通話使い放題で3,000円以下
  • データ容量3GBで1,500円(ただしSNSは使い放題)

もちろんauやソフトバンク、ドコモなどの大手キャリアのままプランを見直すという方法もありますが、どれだけ抑えられてもさすがにここまでは安くなりません。

それに、今の時代、中学生にもなればスマホは当たり前、なんなら小学生まで持ってます。

あずさのアイコン画像あずさ

”小学生でスマホなんかいらんやろぉ~”なんて思っていましたが、周りを見渡せば割と持ってる子多いんですよね…。

ママのスマホに加え、子供にもスマホを持たせたら…大手キャリアなら普通に月額1万円は超えますよね。しかし、格安SIMなら親子二人で持っても3,000円以下に抑えられちゃいます!

そもそも格安SIM(スマホ)って?普通に使えるの?

ではここで、格安SIMに乗り換える前に知っておきたい基礎知識・注意点を確認しておきましょう。

格安SIMのスマホ利用料金が安いのはなぜ?

格安SIMの1番の特徴は、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアに比べスマホ料金が安いこと。

そもそも格安SIMの「SIM」とは、スマホやタブレットの中に入っている小さいカードのことで、そこへ契約者の情報が記録されています。スマホはSIMカードを入れなければモバイルデータ通信(Wi-Fiをつながない通信)や通話の機能を使えません。

SIMを安く利用できるから、「格安SIM」と呼ばれているんですね。

で、話を戻しまして、どうして格安SIMが安いのか。

その理由は、格安SIMを提供している業者はスマホでインターネットにつないだり、電話をかけたりするための設備を自社で所持しておらず、ドコモやau、ソフトバンクから回線を借りてサービスを提供しているからです。

つまり、自社で設備を用意していない分経費を削減できるので、格安でサービスを提供できる仕組みです。

今のスマホや電話番号をそのままを使える

なやうさみのアイコン画像なやうさみ

スマホの会社を変えたら電話番号とか端末も変えないとだめ…?

と疑問に思ったかもしれませんが、格安SIMに乗り換えても今のスマホや電話番号はそのまま使えます!

スマホと電話番号を継続して使いたい場合は、格安SIMの契約前に以下2点を準備しておきましょう。

乗り換える前に準備すること

  • SIMロックを解除する
  • 今のスマホ会社に問い合わせて「NMP予約番号」を取得する

いずれも、今の携帯会社へ問い合わせれば手順を案内してもらえます。なお、乗り換える前は格安SIMのホームページにて自分の使っているスマホが対応しているかを必ずチェックしておいてくださいね。

格安SIM(スマホ)の注意点

契約前に知っておきたい格安SIMの注意点をいくつか紹介しましょう。

インターネットや通話の質は変わらない

ここ、結構気になる方も多いと思うんですが、先程お伝えした通り格安SIMは大手キャリアの回線を使っているので、インターネットや通話の質は基本的に変わりません。

ただし、レンタルしている回線の量や幅に限りがあるので、時間によっては混雑してしまい速度が遅くなる可能性があります。最近ではどこもあまり気にならなくなっていますが、心配なのであれば通信速度が安定しているワイモバイルなどを選ぶと良いでしょう。

通話料金は高くなるケースがある

格安SIMの通話料は基本的に20円/30秒。今のプランによっては通話料金が高くなるケースがあります。

あずさのアイコン画像あずさ

ただ、最近はLINE電話をお使いの方も多いはず。個人的には、そこまで気にしなくてもいいかなと思います。

仕事などで電話をたくさんかけるという方は、通話料無料プランのある楽天モバイルなどを選ぶと良いでしょう。

キャリアメールが使えなくなる

キャリアメールとは、例えばドコモなら「@docomo.ne.jp」のメールアドレス。今キャリアメールを使っているという方は、gmailやyahooなどで新しいメールアドレスを取得しておきましょう。※無料です

LINEのID検索が使えなくなる

LINEのID検索といえば、年齢認証を済ませないと利用できませんよね。LINEの年齢認証では大手キャリア(au、ソフトバンク、ドコモ)とLINEが連携して契約者の情報を確認するシステムが採用されていますが…

残念ながら格安SIMとは連携していないので、年齢認証ができない=ID検索ができなくなってしまうのです。

ただし、”QRコード”や”ふるふる”であれば引き続き利用可能。どうしてもID検索を使いたいのであれば、LINEの年齢認証に対応しているLINEモバイルまたはワイモバイルがおすすめ。

シングルマザーはどの格安SIM(スマホ)を選べばいい?

なやうさみのアイコン画像なやうさみ

格安SIMって色々な業者があってどれを選べばいいのか分からない…。

という疑問を持つシングルマザーも多いでしょうが、筆者がおすすめしている格安SIMは以下の3つ。

これらの特徴を順に解説していくので、あなたの使用状況や希望の条件に合うものを選んでみてください。

ネット・通話をたくさん使うなら「楽天モバイル」

楽天モバイル

出典:楽天モバイル

誰もが知ってる楽天グループの「楽天モバイル」の特徴は、月額2,980円でデータ使い放題・通話し放題だということ。筆者も愛用中です。

さらに今なら1年間プラン料金無料。1年目の料金だけで見れば、どこの会社よりも安いですね。

楽天モバイルは格安な料金設定ながら自社回線を使っているので、通信速度も安定します。プランは以下の「アンリミテッド」ひとつのみ。迷わずに済みますね。

もちろん楽天ポイントも貯まるので、楽天ユーザーなら第一候補になるのではないでしょうか。

»楽天モバイル公式サイト

あわせて読みたい
楽天モバイルのメリット・デメリットを徹底解説【月額2,980円でデータ使い放題】
楽天モバイルのメリット・デメリットを徹底解説【月額2,980円でデータ使い放題】[st-point fontsize="" fontweight="bold" bordercolor=""]この記事では、楽天モバイルのメリット・デメリットを紹介していきます。[/st-point][st-kaiwa1]楽天モバイル...

通信速度で選ぶなら「ワイモバイル」

 

出典:ワイモバイル

CMでお馴染み「ワイモバイル」は、ソフトバンクのサブブランドであり、スマホ満足度no.1を獲得している大人気の格安SIM。

特に通信速度の速さに定評がある上、自分に合ったプランを以下の3つから選択できます。

さらにキャンペーンを利用すれば最安で月額1,480円まで料金が下がり、データ容量も無料で増加されるので、気になる方はワイモバイルのHPまたは以下の記事でチェックしてみてください。

»ワイモバイル公式サイト

とにかく料金重視で選ぶなら「LINEモバイル」

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

LINEモバイルは、とにかく料金の安さが魅力。ぶっちゃけ格安SIMはどこを選んでも大差ないので、とりあえずスマホ料金を下げたいという方はLINEモバイルを選んでおけば間違いないでしょう。

なお、LINEモバイルなら「LINE」利用時の通信料金はいつでも無料です。普段LINEしか使わないなぁ…なんて方なら、最安プランでいけますね!

»LINEモバイル公式サイト

シングルマザーが節約するならまずはスマホ代を見直そう

  • 格安SIMなら親子で3,000円以下も可能
  • 格安スマホは料金が安くなるだけと考えておいて良し
  • 会社は自分に合うものを選べばOK

シングルマザーが節約するなら、まず見直すべきはスマホ料金でしょう。

格安SIMであれば、スマホ本体も激安販売されてることが多いので、お子様のスマホデビューにもぴったりですね。

格安SIMを選ぶならこの三択!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

関西在住20代フリーランス・シングルマザー。産後4年間の病棟介護士を経て、独学でWebライティングを開始。SEO記事を専門に執筆を重ね、2年目に月収50万円を突破。現在は、Webライター兼Webディレクター、編集者として複数メディアで活動しつつ、SEOに特化したライティング講師を務める。

目次
閉じる