キャッシュレス生活

【完全版】WAONのメリット・デメリット|お得な使い方も解説

【完全版】WAONのメリット・デメリット|お得な使い方も解説

この記事では、電子マネーWAONのメリット・デメリットを徹底解説していきます。

WAONを使ってみたいけどどんな利点があるの?お得な使い方も知りたい…

そんな疑問にお答えします。是非参考にしてみてください!

この記事で分かること

  • WAONのメリット・デメリット
  • WAONをおトクに活用する方法

 

WAONのメリットは?

では早速ですが、WAONのメリットを紹介していきましょう。

WAONのメリット

 

WAONのメリット①現金不要でワンタッチ決済できる

WAONは、カードタイプの電子マネー。対象店舗のレジで端末にカードをタッチするだけで、即座に支払いが完了します。

参照:WAON

お店で支払う際、わざわざ財布を取り出して、小銭を探して、さらにお釣りがジャラジャラかえってきて…ってそんなの今時かなり面倒ですよね。

WAONなら現金いらず、お釣りいらず!いつでもスマートに支払えます。

 

アンドロイドならスマホ決済もOK

しかも、アンドロイドをお持ちの方ならスマホでもWAONが使えるんです。

WAON アプリ

参照:WAON

レジでスマホをかざして支払えるので、カードすら持ち歩く必要がありません。これは、非常に便利ですよね。

azusa
iPhoneで使えないのが残念ですが、きっとそのうち対応してくれるでしょう!

 

残高管理はネットで楽々!

電子マネーは、PayPayやLINEpayなどのスマホ決済と違って残高管理しにくいものが多いですが、WAONなら「WAONネットステーション」からスマホやパソコンで簡単に残高をチェックできます。

利用履歴の確認やポイントの照会などの機能も使えるので、家計管理も楽々。家計簿をつけようと思ったらレシートがない!なんて時でも安心ですね。

なお、WAONの残高はイオンなどに設置してある以下の端末でも確認できます。

  • WAONステーション
  • WAONチャージャー
  • イオン銀行ATM

 

WAONのメリット②お得なポイント還元がある

WAONを使えば、200円につき1円相当(0.5%)のWAONポイントが還元されます。

WAONポイントって?

WAON独自のポイント。1pt=1円としてWAONでの支払い時に使える。

つまり、WAONで支払うだけで買い物がいつも0.5%オフ。現金で支払っても一切キャッシュバックは受けられないので、WAONで支払った方が圧倒的にお得ですよね。

 

イオンで買い物すればいつでもポイント2倍!

なお、WAONの通常還元率は0.5%だとお伝えしましたが、イオングループでWAONを使えばいつでも2倍=1%のポイントが貯まります!

参照:WAON

WAONはイオングループの電子マネーなのでイオンとの相性が抜群です。これは最も大きなメリットかもしれません。

ポイント2倍の主な対象店舗は以下です。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • ダイエー
  • マックスバリュ
  • イオンモール

イオンモール内にあるような専門店も対象のケースが多いですよ。筆者はいつもマックスバリュで食料品を購入しているので、本当にWAON様様です。笑

 

なお、WAONを使ってイオンで買い物するのであれば、20日・30日の「お客様感謝デー」も忘れてはいけません。

参照:イオンカード

イオンカードまたはWAONで支払うだけで、食料品から日用品、衣料品、雑貨まで全て5%オフで購入できちゃいます!

 

期間限定で7,000円がもらえるキャンペーンも

しかも、今ならWAONでマイナポイントへ申し込んだ上でチャージすれば、最大5,000円相当(25%)+WAON特典として最大2,000円相当(10%)が還元されます。※2021年3月31日まで

WAON マイナポイント

参照:WAON

つまり、WAONに2万円分チャージするだけで総額7,000円キャッシュバックを受け取れます。

 

WAONのメリット③使えるお店がめちゃくちゃ多い

キャッシュレスに移行したいけど、使えないお店があると結局財布持ち歩かないとダメだよね…

そうお考えの方も多いと思いますが、WAONなら使えるお店がかなり多いので、”財布なし”生活も夢ではありません。

2020年8月現在、WAONが使えるお店は全国で73万か所以上。

WAONが使えるお店の例

  • コンビニ(ローソン/ファミリーマート/ポプラなど)
  • ウエルシア
  • スギ薬局
  • ジャパン
  • ビックカメラ
  • ジョーシン
  • エディオン
  • ライトオン
  • TSUTAYA
  • しまむらグループ各店
  • マクドナルド
  • 吉野家
  • かっぱ寿司
  • コメダ珈琲店
  • プレミアムアウトレット
  • ラウンドワン
  • コスモ石油(ガソリンスタンド)
  • 自動販売機

上記はほんの一例です。また、イオンの中にあるお店なら全店利用可能。

特に「普段の買い物は全てイオンで済ませている!」なんて人なら、WAONだけで生活できちゃいますね。

 

WAONのメリット④請求書の支払いもできる

公共料金や税金などの請求書をコンビニなどで支払う場合、基本的にキャッシュレス決済はできません。しかし、WAONならコンビニでの請求書払いに対応しています。

例えばミニストップなら、通常キャッシュレスでは支払えないようなギフトカードやチケット、金券などの購入も可能。

参照:ミニストップ

これも、WAONの大きなメリットですね。

 

WAONをお得に使うならイオンカードが必須

以上がWAONのメリットについてでしたが、イオンカードがあればWAONをもっとおトクに使えます!

イオンカードを使ってWAONにチャージすれば、イオンカードでのチャージ利用分+WAONでの決済分でポイントの二重取りが可能。

さらに、イオンでWAONを使えばいつでも2倍ポイントでしたよね。なので、イオンカード+WAONの組み合わせを使ってイオンで買い物すれば、いつでも1.5%還元を受けられます!

 

一枚のカードで3役をこなす万能カード

イオンカードには、「クレジットカード」「キャッシュカード(イオン銀行)」「WAON」の機能が備わっており、クレカも銀行も電子マネーもこれ一枚でOK!

参照:イオンカード

つまり、家計管理がイオンカードだけで全て完了しちゃうんですよね。やりくりを頑張る主婦にとってはありがたい一枚です。

さらに、イオンカードならWAONへのオートチャージ設定もできるので、残高が減った度にわざわざチャージする必要がありません。

 

今申し込めば無料で2,000円がもらえる

イオンカードいいな~と思った方に朗報です。今イオンカードに申し込み、2万円以上利用すればもれなく2,000円相当のポイントがもらえます!

参照:イオンカード

クレカに申し込むなら、このようなキャンペーン期間中を狙うのが一番でしょう。

WAONと併用すればポイントを二重取りできる上、おトクなキャッシュバックまで受けられる…まさにWAONでのポイ活にはもってこいのクレカです。

WAONを活用していきたいと考えるなら、イオンカードへの登録も検討してみてくださいね。

\おトク!がいっぱいのクレカ/

イオンカードに申し込む

※年会費無料・イオン受取可

 

WAONのデメリットはある?

特にイオン愛用者にとってはメリットが多大すぎるWAONですが、もちろんデメリットもあります。

WAONのデメリット

では、これらを順にみていきましょう。

 

WAONのデメリット①どこでも使えるわけではない

冒頭で紹介した通り、使えるお店の多いWAONですが、かといって全てのお店で使えるわけではありません。

これはWAONに限らず、全ての電子マネー・スマホ決済がまだ完全にカバーしきれていないデメリットでしょう。クレカですら使えないお店もありますからね。

WAONひとつで生活していきたいと考えている人は、普段自分の行くお店でWAONが対応されているか確認しておきましょう。

 

WAONのデメリット②上限金額があるため高額商品は買えない

WAONはチャージの上限金額が設定されているため、高額な決済はできません。

WAONのチャージ上限金額

基本設定変更後
チャージ上限金額20,000円50,000円
1回のチャージ限度額20,000円49,000円

上記のように、WAONの設定を変更しても5万円以上は入金できない=5万円以上は決済できないのが現状です。

とはいえ、スーパーやドラッグストアなどの日常利用であれば困ることは少ないかもしれません。5万円あれば充分ですよね。

 

WAONのデメリット③オートチャージできるクレカが限られている

WAONはクレジットカードでのチャージに対応していますが、オートチャージ設定ができるのはイオンが発行するクレジットカードのみ。

なので、対象のクレカを持っていない場合は残高が少なくなった度にチャージしなければならないデメリットがあります。

WAONを便利に使っていきたいと考えるなら、イオンカードの登録が必須でしょう。

\おトク!がいっぱいのクレカ/

イオンカードに申し込む

※年会費無料・イオン受取可

 

WAONはイオンユーザーへのメリットが満載の電子マネー

以上がWAONのメリット・デメリットについてでしたが、WAONは日頃イオンを頻繁に利用する方なら絶対に持っておいた方がいい電子マネーです。

使えるお店が多いので、もちろんイオンユーザー以外にもおすすめ。キャッシュレスデビューにはぴったりの一枚でしょう。

なお、今後WAONを活用していくならイオンカードへの登録が必須といっても過言ではありません。

WAONにオートチャージできる上、ポイントの二重取り・新規入会で2,000円を受け取れるのはイオンカードのみです。年会費も無料なので、お見逃しなく。

\おトク!がいっぱいのクレカ/

イオンカードに申し込む

※年会費無料・イオン受取可

Pic up

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-キャッシュレス生活
-

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5