子育て

【幼稚園見学】チェックすべきポイントとは?失敗しない園選びのコツも紹介

【幼稚園見学】チェックすべきポイントとは?失敗しない園選びのコツも紹介

この記事では、幼稚園見学のポイントや服装、持ち物について紹介していきます。

幼稚園見学では何をチェックすればいいの…?服装や持ち物はどうすればいい…?そもそもどんな幼稚園へ見学へ行けばいいのか分からない…。

子供を幼稚園へ年少から通わせるなら、2歳頃から幼稚園選びが始まりますが、幼稚園を決めるためには幼稚園見学が必須ですよね。

この記事を読んで、幼稚園はどのように選べばいいのか、見学に行った際にチェックしておくべきポイントなどを事前に確認しておきましょう。

この記事で分かること

  • 幼稚園選びのポイント
  • 幼稚園見学時のポイント
  • 幼稚園見学の服装や持ち物

幼稚園は何歳から入れるべき?

そもそも子供を幼稚園へ入れる年齢に迷っているというママもいるかもしれませんね。

幼稚園へ入園させるタイミングについては、以下の記事をご覧ください。

こちらもCHECK
幼稚園は何歳から入園させるべき?【ベストなタイミングの見極め方】
幼稚園は何歳から入園させるべき?【ベストなタイミングの見極め方】

見学へ行く幼稚園選びのポイント

まずは、見学へ行く(=子供を通わせたい)幼稚園選びのポイントを解説していきます。

  1. 幼稚園の基本情報をチェックする
  2. どんな幼稚園に通わせたいか決めておく
  3. 幼稚園の特色が子供に合っているかを見極める

特に私立の幼稚園は園によって特色に大きな違いがあるので、どの園を選ぶかどうかは重要なポイントでしょう。

 

幼稚園選びのポイント①幼稚園の基本情報をチェックする

幼稚園は毎日通う場所なので、立地などといった基本情報を確認しておきましょう。

  • 家からの距離
  • バス通園の場合は送迎コースが家の近くにあるか
  • 給食の有無
  • 親が幼稚園に行く頻度 等

まず、徒歩でも通いやすい距離なのか、またはバスの送迎コースに家の近くが当てはまるのかを調べましょう。

幼稚園は毎日通う場所であり、親も何かと行く機会が多くなるので、登園に不便な園は避けた方が無難です。

昼食については、給食やお弁当、それぞれ半々など園によって様々。給食だと親は楽ですし栄養面でも心配ありませんが、給食費かかるので注意しておきましょう。

 

幼稚園選びのポイント②どんな幼稚園に通わせたいかを決めておく

幼稚園(特に私立)は園によって様々な個性があるので、子供をどんな幼稚園に通わせたいのか、事前にイメージしておきましょう。

通える範囲の幼稚園をピックアップし、それぞれの幼稚園のホームページなどをチェックして、どのような特徴があるのかをメモして候補を絞るのがおすすめ。

また、ホームページだけでは情報が足りないと思うので、可能であれば知り合いの先輩ママに園の情報を聞くと良いですね。

これは個人的な意見ですが、幼稚園の先生に質問するよりも、先輩ママの方が情報性に信ぴょう性のあるケースが多いです。

とはいえそれだけで幼稚園を選ぶのは危険なので、実際に幼稚園見学に行って、園児や先生の様子などを見て決めるようにしましょう。先生の園児に対する関わり方なども知っておくと安心です。

 

幼稚園選びのポイント③幼稚園の特色が自身の子供に合っているかを見極める

幼稚園は各園によって個性があるとお伝えしましたが、その特色が「子供に合っているか」は最も重要なポイントだと言えるでしょう。

例えば、お勉強をしてほしいと親の願望で入園させても、たくさん身体を動かして遊びたいと思っている子にとっては窮屈な幼稚園に感じますよね…。

幼稚園に通うのは親でなく子供なので、子供が大好きになるような幼稚園を選んであげるのがベストでしょう。

幼稚園を選びは、自分の子供の性格や長所・短所などを一度考えてあげる良いきっかけにもなります。子供のことをより深く理解するために、この機会に子供について家族で話し合ってみるのも良いでしょう。

親の思い込みで怖がりだと思っていても、実は好奇心旺盛でチャレンジをしようと前向きな姿勢をみせる場面もあるなど、新たな発見もできるかもしれません。

 

幼稚園見学のポイント

通わせたいと思う幼稚園が決まったら、幼稚園見学に行きましょう。

幼稚園見学のポイント

  1. 幼稚園のことを知る
  2. 未就園児対象の園庭開放を利用する
  3. 時期は5~7月がベスト

ホームページやママ友の話だけで判断せずに、自分の目で見て確かめることが大切です。

 

幼稚園見学のポイント①幼稚園のことを知る

幼稚園見学での重要なポイントは、その幼稚園のことをできる限り把握することでしょう。

なお、幼稚園見学の際に必ずチェックしておきたいポイントは、以下の通り。

  • 幼稚園全体の雰囲気
  • 先生の対応の仕方
  • 園児の様子
  • 清潔感

活気のある幼稚園は、園児も先生も一緒になってたくさん遊んでいるものです。ただ仲良しなだけでなく、先生と園児の関係性にメリハリが付いているかもチェックしておきたいですね。

もしも子供たちが自由にしすぎているなら、先生の目が園児に行き届いていない可能性があるでしょう。

また、園全体的に清潔感があるかどうかは意外と重要です。

掃除ができていなかったり、ものが散乱していたりと衛生的に問題がある場合、先生の数が足りていないなど何かしらの原因があるはずなので、注意して確認しておきましょう。

そもそも、清潔感のない場所に子供を預けるのは気が引けますよね…。

 

幼稚園見学のポイント②未就園児対象の園庭開放を利用しよう

幼稚園では月に1回程度、保育時間が終わった後に未就園児が園庭で遊べる日を設けているケースがあります。

実際に子供を連れて遊びに行かせることで、園の雰囲気を確認できる上、直接先生に話を聞けるので、積極的に利用しましょう!

園庭開放は定期的に行っているので、色々な園を何度も見学できるのもメリット。何度も行くことで、見えてくる園の雰囲気や先生の対応があるので、1度だけでなく数回は行ってみるのも良いでしょう。

また、子供も行き慣れた幼稚園には愛着が沸き、先生の顔も覚えられるので、馴染みの幼稚園になれば登園時期にも嫌がることなく楽しく幼稚園に行ってくれるようになります。

 

幼稚園見学のポイント③時期は5月~7月がベスト

なお、幼稚園見学へ行く時期は、在園児が新生活に慣れてきた5月頃から夏休みに入るまでの7月中旬ごろまでに行くのがベストでしょう。

8月になれば幼稚園が夏休みに入ってしまい、園の様子が分かりにくい上に先生も手薄なので、ゆっくり話をする機会を持てません。また、9月になると入園説明会が始まり、10月には願書を提出します。

最低でも9月までには通わせたい幼稚園を絞っておきたいので、7月中旬までに見学に行くようにしましょう。

 

幼稚園見学へ行くときの服装や持ち物

幼稚園見学の服装や持ち物はどうすればいいの!?

幼稚園見学で張り切りすぎて自分だけ浮いてしまい、それが気になって聞きたいこともロクに聞けずに帰ってしまうようなことは避けたいですよね。

ここからは幼稚園見学に行くときの服装や持ち物について紹介していきます。

 

幼稚園見学の服装はカジュアルでOK

幼稚園見学は園庭開放を利用する場合も多いでしょうから、一緒に遊べるようなカジュアルな服装がベストです。子供もママと同じで、園庭を駆け回れるような服装にしましょう。

園庭開放は親が園の雰囲気を見る場でもありますが、先生たちも親の子供への対応を見ているもの。なので、いつも通りの”自然体”でOKです。

また、幼稚園の説明会に行く場合も、園庭開放と同じく普段通りの服装で問題ありませんが、不安な場合は先生や先輩ママなどに聞いてアドバイスをもらいましょう。

 

幼稚園見学へ持っていくべきもの5つ

幼稚園見学(園庭開放や説明会)へ行くときには以下のものを準備しておきましょう。

  • 筆記用具
  • メモ帳
  • スリッパ(大人用・子供用)
  • おもちゃ
  • 水筒

幼稚園見学へ行くとプリントをもらったり、何かと筆記を求められたりすることがあります。大切なことをメモをするためにも、筆記用具は必須でしょう。

室内を利用するなら、スリッパや靴を入れる袋も持参してください。今後幼稚園へ通うことになれば必要になるので、携帯用の折り畳みスリッパなど準備しておくと便利ですね。

おもちゃについては、子供の”ぐずり”対策です。自由に幼稚園のおもちゃを使えるなら必要ありません。

幼稚園見学へ行ったときには直接先生と話ができるチャンスなので、聞いてみたいことなども事前に準備してくと良いでしょう。

 

幼稚園見学は「子供目線」でチェックするのがポイント

幼稚園見学のポイントまとめ▼

  • 幼稚園は子供の性格に合わせて選ぶのがベスト
  • 幼稚園見学ではまず園の環境をチェック
  • 園庭開放を利用すれば何度でも見学できる
  • 幼稚園見学の時期は5月~7月がベスト
  • 幼稚園見学の服装はカジュアル、筆記用具を忘れずに

人気の幼稚園は入りにくいことがあるので、事前のリサーチが重要です。

幼稚園見学で園の雰囲気をしっかりと確認し、自分の子供が3年間楽しく通うことができるのかを見極めてあげましょう。

なお、先生に子供のことについて聞きたいことがあれば、幼稚園見学の際に遠慮なく聞いてみてください。

その返ってきた答えによっては、自分の教育方針と合うか合わないかが分かるきっかけになりますよ。

Pic up

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-子育て

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5