子育て

【幼稚園児の習い事】メリット/定番人気ランキング/選び方/いくつさせるべきかを解説

この記事では、幼稚園児に習い事をさせるメリットや習い事の定番人気ランキング、習い事を選ぶポイントなどについて紹介していきます。

幼稚園へ通う子供の習い事は何が良いんだろう?どうやって選べば良い?いくつさせるべきなの?

といったお悩みを解決していくので、是非参考にしてみてください!

幼稚園児に習い事をさせるメリット

幼稚園児に習い事をさせるメリットは、主に以下の4つ。

  • 世界が広がる
  • 小学校準備になる
  • 一生ものの力を養える
  • 集中力や精神力が高まる

小さい子供は吸収力に優れているだけでなく、脳が毎日のように急速に発達しているのをご存知でしょうか。

6歳頃までの時期は「脳の黄金期」と呼ばれており、今後の人生における自分の価値観を構築していく、とってもとっても大切な時期です!

そんな幼児期から習い事を通じて何かを「学ぶ」経験をさせれば、将来へいい影響をもたらすことや、子供の世界・価値観を広げてあげられることは、容易に想像がつくでしょう。

個人的には、プロのピアニストになって欲しいからピアノをさせるというスタンスよりも、”習い事へ通った”という事実によって得られるメリットを重視して欲しいですね。
azusa

 

幼稚園児に人気の定番習い事ランキングTOP3

幼稚園児に初めてさせる習い事って何が良いんだろう…?

とお悩みのパパ&ママも多いと思うので、まずは幼稚園児に人気の習い事をランキング形式でサクっと確認しておきましょう。

 

1位:スイミング

スイミングは男女ともに人気のある定番の習い事です。
体力づくりのために通わせるママさんも多く、実際に風邪を引きにくくなったという子供もいます。

2位:ピアノ

ピアノは女の子にさせるイメージの強い習い事かもしれませんが、男の子にもおすすめです。
なぜかというと、リズム感を養える・集中力が身に付く・指先を使うので器用になり、脳の発達を促してくれるからです。

3位:英語

2020年から小学校3年生から英語の授業が始まり、英語が欠かせないようになりました。幼児期の間に英語を学ぶことで、授業の先取りができ自信に繋がります。
また、幼児期から多国籍の人たちと交流が持てるのも人気の理由の一つですね。

ちなみに我が家は、4歳から公文式に通わせており(英語ではないですが)、小学校準備としてとてもよかったなぁと感じています。気になる方は「子供を4歳(年少)から公文式に通わせてみて【学習内容や成長したこと】」も是非ご一読ください。

 

コロナ渦の現在は自宅でできる習い事も人気

現在は新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、自宅でできる習い事も注目されています。

幼児が自宅でできる習い事の例

  1. プログラミングスクール
  2. タブレット学習
  3. ダンス
  4. ヨガ

このように、主に学習系が多いですが、ダンスやヨガといった身体を動かせるものもありますよ。

特に最近では幼稚園児にプログラミングを習わせるママが増えています。
azusa

プログラミングは学校の授業でも必須ですし、在宅で十分学習可能なので、送り迎え必須な幼稚園児は教室へ通うよりむしろ自宅でレッスンを受けた方が効率的かもしれませんね。

コロナ関係なく、今はもう自宅での習い事も”当たり前”になりつつある時代なので、オンラインレッスンも是非検討してみてください。

習い事によっては近所の教室でもオンラインレッスンを実施しているケースがあるので、問い合わせてみても良いでしょう。

 

幼稚園児の習い事を選ぶ時のポイントや注意点

次に、幼稚園児の習い事を選ぶときのポイントや注意点を紹介します。

幼稚園児の習い事を選ぶポイント&注意点

  1. 子供がやりたい習い事をさせてあげる
  2. 体験レッスンは受けるべき
  3. 習い事の時間・曜日をよく検討する

 

その①子供がやりたい習い事をさせてあげる

幼稚園児にどの習い事をさせるかは、子供の意思で決定するのがベスト。親の無理強いで習い事をさせるのは子供にとっては負担しかありません。

当然ながらやりたくない習い事は続きませんし、伸びるものも伸びませんよね。高い月謝を払いながら、子供の成長が見られないとなると、何の意味も無いでしょう。

なお、幼稚園児の子供に大切なのは、習い事によって得られるスキルよりも、習い事に”通う”という経験です。

ただし、習い事をしたことがない小さな子供に、「何を習いたい?」と聞いても選択肢がないので答えは出ないでしょう。

そんな時は、身近なお友達が習い事をしていたら「○○ちゃんは、幼稚園から帰ったら、こんなところに行ってるんだよ〜」などと子供がイメージしやすいように習い事について話をしてあげてください。

どんな習い事をするのかはもちろん、習い事をするかしないかも含め、本人の意思を尊重してあげましょう。

 

その②体験レッスンは受けるべき

習い事は実際にやってみると思っていたのと違ったり、子供と先生が合わなかったりすることがあるので、まずは体験レッスンを受けてから決定するのがおすすめです。

スイミングでもピアノでもダンスでも英語でも、大体の習い事で体験レッスンが実施されていますよ。
azusa

なお、習い始めてから親・子供ともに不満を感じても、「入会金や習い事に必要な物を揃えたお金がもったいない…」と、なかなか辞めにくくなってしまうものです。

そうなれば、時間もお金もさらに無駄にするだけなので、体験レッスンは必ず受けておきましょう。

 

その③習い事へ行くベストな曜日・時間も考えてみよう

ママと子供の負担なく習い事を続けるためには、曜日や時間についてもしっかりと考えておきましょう。

次の日が休みの金曜日だと気持ちが楽になる

金曜日に習い事をすれば、次の日がお休みなので安心です。英語やお勉強教室などといった宿題が出るような習い事でも、それまでの平日で十分に宿題をこなせるでしょう。

逆に、次の日が幼稚園の日に習い事をすれば、習い事から帰ってから寝るまでの時間が短くなり、ご飯やお風呂など全て慌てる羽目に。

そうなると、親子で疲れてしまう可能性があるので注意しておきましょう。
azusa

なお、幼稚園で短縮保育の曜日が設けられているなら、その曜日に習い事をさせるのもおすすめです。バタバタするのが嫌なのであれば、土曜日や日曜日に習い事をさせるのも良いですね。

家庭の生活リズムに合わせ、適切な曜日を選んでみてください。

時間は幼稚園が終わってすぐがベスト

習い事に行く時間は、幼稚園が終わってすぐ、つまり降園時間が14時なら15時〜16時頃のレッスンがおすすめでしょう。

習い事を17時や18時頃に行ってしまうと、家に帰ってくるのは19時を回ることも。遅い時間のレッスンは子供にも親にも負担が大きく、疲れが溜まってしまうので、なるべく夕方に帰ってこれる時間帯がベストでしょう。

また、お昼寝をする子供なのであれば、その辺りも考慮してあげると良いですね。

 

幼稚園児の習い事はいくつさせるべき?

最後に、幼稚園児にさせる習い事の数についてですが…結論幼稚園児の習い事はいくつさせても問題ありません。

大切なのは、本人がやりたいことか・楽しめているかどうかです。

「あれもこれも…」と色々やりすぎて疲れないようにだけ注意しておけば、いくつ取り組んでも問題ないでしょう。

個人的には、本人が「やりたい」というものは全て挑戦させてあげればOKだと思います。
azusa

最近の幼稚園児の中には、1週間毎日いくつもの習い事に通っている子もいますが、それが子供の成長に大きな影響を及ぼすかどうかは一概に言えません。逆に、全くしていない場合も同じですね。

習い事の数に正解はないので、親子で話し合って無理なく取り組んでいくようにしましょう!

 

習い事は幼稚園から始めて子供の可能性を広げよう!

というわけで、幼稚園児は大人が驚くほど高い吸収力を持っている上、脳の黄金期と呼ばれる大切な時期です。

本人に何か興味のある習い事があるのであれば、積極的に・いくつでも通わせてあげると良いでしょう。

今はコロナの影響で新規入会を受け付けていなかったり、人数制限があったり、そもそもレッスンを休止している習い事も多いので、落ち着くまでは自宅で取り組むのもありですね。

普段の幼稚園生活に支障の出ない程度に無理のないスケジュールを組んで、楽しく習い事に通わせてあげてください!

Pic up

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-子育て

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5