子育て

幼稚園は何歳から入園させるべき?【ベストなタイミングの見極め方】

幼稚園は何歳から入園させるべき?【ベストなタイミングの見極め方】

この記事では、幼稚園は何歳から入園させるべきなのか、またそのタイミングを見極めるポイントについて紹介していきます。

幼稚園の入園は何歳からがベストなの…?年少と年中どちらからスタートさせるのが良い?2年保育、3年保育それぞれのメリットやデメリットも知りたい…。

という方は、是非参考にしてみてくださいね。

この記事で分かること

  • 幼稚園は年少(4歳)からの入園が一般的
  • 2年保育と3年保育のメリット・デメリット
  • 何歳から入園させるかを決めるポイント

幼稚園は何歳から入園させるのがベスト?

幼稚園は基本的に、4歳の誕生日を迎える年度(3歳~4歳)に入園し、6歳の誕生日を迎えた年度に卒園します。※幼稚園の入園資格があるのは3歳の誕生日〜

なお、幼稚園における年少、年中、年長とは、それぞれ以下の年齢が対象です。

  • 年少:4歳
  • 年中:5歳
  • 年長:6歳

幼稚園選びを始めるタイミングとしては、入園の1年前くらいからがおすすめ。気になる幼稚園の園庭開放などに通い、入園させたい幼稚園の候補を決めておきましょう。

 

幼稚園は4歳からの入園(3年保育)が一般的

一昔前は年中での入園が一般的でしたが、最近では年少からの入園が最もポピュラーです。

年少から入園した4月の時点では、ほとんどの子が満3歳児。その年度に誕生日を迎えて4歳になる子供たちの学年ですね。

年少からの入園で心配なのは、子供の精神面。まだ小さいので、大好きなママから離れて過ごすことに不安を感じる子供も多いでしょう。

親と離れても楽しく幼稚園へ通って欲しいのであれば、入園までにおじいちゃん・おばあちゃんの家に預けるなどして親から離れる準備をしておくのも良いかもしれません。

 

5歳から幼稚園へ入園する2年保育

年少からの入園が一般的と言いましたが、年中から入園する場合もあります。

特に公立幼稚園の場合は2年生の園も多いので、公立幼稚園を考えているなら狙っている園が何歳から入園受け入れしているのかを調べておきましょう。

また、早生まれの子は年少で入園するとまだ精神的に幼く、集団生活で苦労する可能性があるので、あえて年中からの入園を選択するママも多いですね。

子供を幼稚園へ入園させたいのであれば、基本的には3年保育か2年保育のどちらかの選択になるでしょう。

 

幼稚園によっては満3歳児クラスがある

幼稚園は4歳(年少)・5歳(年中)からの入園が多いですが、園によっては満3歳児クラスを設けているケースもあります。

満3歳児クラスとは年少の一つ下の学年のことで、3歳の誕生日月から幼稚園に登園できます。

例えば、7月で3歳になる場合は4月の時点では2歳なので登園することができません。しかし、7月の誕生日を迎えて3歳になれば幼稚園に登園できるようになります。

この時に、「満3歳児だけの特別クラス」に入るか「年少のクラス」に入るのかは園によって変わるので、園の方針を確認しておきましょう。

なお、満3歳児の時に年少クラスに入るケースだと、次の年も年少クラスとなるので、実質2年間年少クラスに登園することになります。

 

幼稚園に何歳から入園させるかを決めるポイント

ウチの子は年少(4歳)か年中(5歳)どちらから幼稚園へ入園させたら良いんだろう…?

と悩むママは多いと思いますが、何歳から入園させるのがベストなのかはケースバイケースです。

幼稚園に何歳から入園させるかを決める上での判断材料になる、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

幼稚園へ4歳(3年保育)で入園させるメリット・デメリット

4歳から入園させるメリット

  • 希望の幼稚園へ入園しやすい
  • 集団行動が身に付く
  • 親と離れることで自立心が芽生える

幼稚園は年少からが一番入りやすく、その分幼稚園選びの選択肢も広がります。そもそも、人気の幼稚園だと年少からの入園でないと入れない可能性が高いので要注意。

親と離れた生活やお友達との関り、集団行動を4歳児から経験させることで、自分で考える・行動する・伝えるといった力が早くから身に付くのもポイントです。

 

4歳から入園させるデメリット

  • 早生まれの子は、発達の差が出てしまう
  • 発達遅延がある子には、集団行動が辛く感じる
  • お金がかかる

この時期の月齢差は大きく、4月生まれの子と2月・3月生まれの子では精神面や体力面に差が出るもの。

例え発達障害でなくとも、発達段階で個人差が出る時期なので、集団行動が難しいと感じる子もいるでしょう。そういった子に無理やり幼稚園に通わせてしまうと、その子自身が苦労してしまいます。

他の子供に比べ幼いと感じるのであれば、1年遅らせる・または幼児教室などの小人数保育をしてくれるようなところへ通う方法もあるので検討してみると良いでしょう。

金銭的な問題についてですが、2019年10月から保育料無償化になったものの、全てが無料というわけではありません。教育費・教材費・給食費・バス代などの費用は毎月発生します。

3年保育だと払込期間が長くなるので、そのあたりも考慮しておきましょう。

 

幼稚園へ5歳(2年保育)で入園させるメリット・デメリット

5歳から入園させるメリット

  • 早生まれの子にとっては、負担が少ない
  • 親子の時間をたくさん持つことができる

2年保育なら、早生まれの子であっても4歳の誕生日を迎えてからの入園なので、子供自身の負担は少ないでしょう。

また、親子でゆっくりと過ごせる時間は就園前までだと思いますので、子供との時間を大切にしたいと考える方には良いかもしれません。

 

5歳から入園させるデメリット

  • 3年保育の幼稚園に年中から通うと、子供もママ友も輪ができていることがある
  • 入園できる幼稚園が見つからないことがある

2年保育の幼稚園に入園する場合は問題ないですが、3年保育の幼稚園は子供同士がすでに仲良くなっているので、年中で入園すれば周囲へ溶け込むのに時間がかかるかもしれません。これは、ママも同じです。

また、人気の幼稚園だと年中からの入園募集がない可能性もあるので、行かせたい幼稚園が決まっているのであれば、早めに入園させることをおすすめします。

 

幼稚園の特性や入園条件、定員もチェックしておこう

幼稚園の特性や入園条件、定員なども、何歳から入園させるかを決める判断材料になるでしょう。

まず、幼稚園の特性についてですが、私立の幼稚園だと園によって教育方針が異なります。例えば、勉強を熱心に取り入れる園、自然に触れ合うことを大切にする園、自分で考え学ぶ力を付ける園などですね。

希望する幼稚園の教育方針に子供が何歳からなら付いていけるかどうかを考えてみましょう。

 

次に、入園条件についてですが、例えば以下のように定められています。※幼稚園により異なる

  • 日中のおむつを卒業している
  • 発達遅延が見られる場合は断られることも
  • 園の方針にあまりにも口出しが多いと最悪の場合、退園になる

仮にオムツが完全に外れていない子供でも、パンツで過ごさせる幼稚園がほとんどです。年少から入園する時点でトイレが難しそうなのであれば、入園を1年遅らせても良いでしょう。

幼稚園でお漏らしを何度もして恥ずかしい思いをするのは子供なので、トイトレはできれば入園前に済ませておいてください。

▼トイトレに苦戦中のママはこちらも是非

CHECK
3歳児がトイレに行かないのはなぜ?【トイトレ成功の秘訣を紹介】

 

定員については、兄弟枠やプレ保育枠などの優先枠により、優先枠以外の入園可能人数が限られるケースもあるので注意しておきましょう。定員オーバーとなった場合は、抽選となり、外れれば入園自体できなくなってしまいます。

 

幼稚園の入園は子供の成長に合わせて選ぶのがベスト

幼稚園は年少からの3年保育が一般的ですが、だからといって必ず年少で入園させなければならない訳ではありません。

子供はひとりひとり個性があって当然。2年保育が向いている子、3年保育が向いている子などそれぞれなので、自分の子供に合わせて入園時期を選びましょう。

また、私立幼稚園は園によって教育方針などが変わってきますので、ご自身の教育方針と合うかも見極めることが必要です。

入園前は必ず見学へ行こう

幼稚園へ何歳から入園させるかが決まったら、次は幼稚園見学です。

幼稚園見学のポイントや失敗しない園選びのコツは以下で紹介しているので、こちらも是非一読ください!

こちらもCHECK
【幼稚園見学】チェックすべきポイントとは?失敗しない園選びのコツも紹介
【幼稚園見学】チェックすべきポイントとは?失敗しない園選びのコツも紹介

Pic up

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-子育て
-

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5