仕事・副業

シングルマザーが仕事の面接に受かるには?【効率的な転職方法も解説】

シングルマザーが仕事の面接に受かるには?

就職を考えているシングルマザーは、面接に苦戦している方も多いのではないでしょうか。

子育てと両立しなければならないために条件に制限があるなか、面接を成功させるためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

今回は、シングルマザーが面接に受かるためのポイントや効率よく就職する方法、面接に落ちる原因などを解説していきます。

就職を考えているシングルマザーは、ぜひ参考にしてみてください!

シングルマザーが仕事の面接に受かるためのポイント3つ

シングルマザーに限らず子持ちの方は、独身の方に比べどうしても採用に不利になるケースが多いです。

というのも、企業からすれば子持ち女性の雇用で以下のようなデメリットが考えられるんですね。

  • 勤務可能な時間・曜日に制限がある
  • 子供の都合により急な早退・遅刻・欠勤が発生する可能性がある
  • 子供の成長や自身の再婚による生活環境の変化で退職する可能性がある

つまり、最も心配されるのは「シフト面」です。

育児を分担できるパートナー(旦那)がいないシングルマザーなら尚更と考える企業もあるでしょう。

シングルマザーが面接する際は、デメリットに目を瞑ってでも雇用したくなるような「あなたの魅力」をアピールする必要があります。

 

①第一印象を整える

約20〜30分程度と限られた面接時間の中で、あなたを評価する重大な要素となるのが「第一印象」です。

面接の合否は第一印象で決まると言っても過言ではありません。

人の第一印象というのは、概ね最初の10秒で決まります。面接でいうと、入室から挨拶までぐらいの間でしょう。

ということは、気を付けたいポイントは以下の通り。

  • 身だしなみ(スーツ着用)
  • 笑顔・姿勢・声のトーン
  • 相手と目を合わせて話す※そらさない

服装ですが、雇用形態・職場の雰囲気問わずスーツを着用していればまず失敗はありません。

自分の体形に合ったサイズでスマートに魅せられるもを選び、清潔感を意識しましょう。身だしなみは足元からと言いますから、パンプスのケアも忘れずに。

面接の身だしなみ

姿勢で気を付けるポイントは、背筋をしっかり伸ばすこと。背中が曲がっていると暗い印象を与えてしまうので、面接が終わるまで意識しておきましょう。

【入室後最初の挨拶例】
明るくハキハキとした口調で「こんにちは、〇〇です。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」と頭を下げ、着席の指示があれば「失礼します。」と言いながら席に着きましょう。

 

なお、相手の目をじっと見続けるのが苦手な方は、鼻か首のあたりを見るようにすればOK。

視線をそらさずはきはきとした受け答えをしていれば、好印象を与えられます。

お辞儀は「深く・ゆっくり」を意識してくださいね。

 

②自分らしい表現・意見を用意しておく

面接対策として面接で聞かれる内容を予測して回答を用意する方は多いと思いますが、本やネットに書いてあるような”ありきたり”な回答をしていては面接官の心に響きません。

シングルマザーが面接に受かるためには、あなたらしい何かをアピールし、面接官の印象に残る必要があります。

質問に対する回答を真似るのは良いですが、自分らしい表現で、なおかつ自分の意見を含めた回答ができるように準備しておきましょう。

 

とはいえ、具体的にどう答えればいいの…?

と思われた方も多いと思いますが、最も簡単でおすすめなのは以下の方法です。

何か質問を受けたら、「その質問に対する答え+理由」の2セットで回答する。

質問に対する回答に理由を付ければ、あなたの思考や価値観、人柄を面接官に伝えられます。

面接官は、ただお喋りをしているのではありません。Q&Aを通して、あなたが会社で役に立つ人間なのかを判断しようとしているのです。

そのような意図を読み取って、単なるQ&Aでも自分らしさを表現し、積極的にアピールしてみましょう。

 

③シングルマザーだけど働きやすい環境であることをアピールする

シングルマザーを雇用するにあたり、会社側が最も気になるのは「シフト面」です。

子供の体調不良時や急な残業時に子供の預け先が無いシングルマザーの場合、どれだけ魅力的な人材でも採用を見送られてしまう可能性があります。

なので、もしもあなたが近くに頼れる家族や親戚がいる・病児保育を利用できるなど万が一の時でも仕事に影響が出ない環境にあるなら、それをしっかりとアピールしておきましょう。

特に小さい子供がいるシングルマザーは面接で子供の預け先について聞かれるケースが多いので、どうしても面接先の企業に就職したいなら、この機会に病児保育やシッターサービスなどに登録しておいても良いかもしれませんね

対策ができていることを具体的に伝え、あらゆる事態に対応する姿勢を見せていれば、面接官の不安は軽減します。

もちろん嘘はいけませんから、預け先がないような場合は「万が一の時は迷惑をかけるかもしれない」ということを伝えておきましょう。
azusa

 

なお、子供の預け先を確保しているのに面接に落ちるなら、それは「シングルマザーだから」「子持ちだから」といったような理由では無い可能性が高いです。

他に条件の良い人がいた、年齢やスキルが会社の採用基準から外れているなどの理由が考えられるので、ご縁がなかったと捉えて次の面接に挑戦しましょう!

 

シングルマザーが面接を受けるなら転職エージェントの利用が効率的!

何度も面接に落ちるのは嫌。シングルマザーでも採用してもらいやすい企業の面接に挑戦したい。

という方は、完全無料でプロのサポートを受けながら職探しできる「転職エージェント」を活用しましょう!

転職エージェントって?

人材紹介サービスのひとつ。企業とのマッチングから条件の交渉、面接対策など、プロに転職のお手伝いをしてもらえるサービス。求職者は完全無料で利用可能

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーからマンツーマンで就職・転職をサポートしてもらえます。

 

なかでもシングルマザーにおすすめなのは、株式会社リクルートが運営するリクルートエージェントです!

リクルートエージェントは、業界求人数No.1の転職エージェント。

様々な職種・業界に対応しており、転職のための書類作成から面接対策まで、プロによる手厚いサポートを受けられます。

転職支援の申し込みはコチラ▼

リクルートエージェント

※利用料は一切かかりません

 

リクルートエージェントならシングルマザーでも効率よく就職が可能!

リクルートエージェントのメリットは以下の通り。

  • 求人数が多いためシングルマザーでも自分に合う求人を見つけられる
  • 営業から販売、エンジニア、クリエイティブまで幅広い職種に対応
  • 幅広い年齢の求職者に対応(30代、40代もOK!)
  • 専用のツールを使って簡単に職務経歴書を作成できる
  • 志望する企業に合った面接サポートを受けられる
  • 交渉力が高いので自分の希望する条件が通りやすい

 

はっきり言って、シングルマザーの就職は簡単ではありません。

ハローワークや求人サイトで探しているだけでは、条件の良い企業がなかなか見つからない場合も多いでしょう。

しかし、リクルートエージェントを利用すれば、ハローワークやネットでは公開されていないような求人も紹介してもらえるため選択肢が広がります。

そして何より、シングルマザーは給料面やシフト面で絶対に譲れない条件があるはず。

そのような条件を自分で交渉するのは難しいですが、リクルートエージェントなら交渉のプロが直接企業へ交渉してくれるため安心です。

 

また、過去のデータから志望する企業に合った面接サポートをしてもらえるので、面接の心配も無用。

面接に落ちてしまった場合でも、担当のコンサルタントの交渉により再挑戦させてもらえるケースもあります!
azusa

 

もちろん利用料は無料&ネットで簡単に登録できるので、効率よく転職したい・面接に失敗したくないというシングルマザーは利用してみると良いでしょう。

転職支援の申し込みはコチラ▼

リクルートエージェント

※利用料は一切かかりません

 

シングルマザーが面接に落ちる原因とは?

シングルマザー(母子家庭)だからという理由で面接に落ちることってあるの…?

という疑問をお持ちの方も多いと思いますが、結論から言うとシングルマザーであることが原因で面接に落ちる可能性は無きにしもあらず。

そもそも「シングルマザーは正規雇用しない」という会社もあるようです。

しかしこれは、あなたがシングルマザーだからというよりは、出産や子育てによるブランクであったり、子持ちであることによる条件の制限だったり、間接的なことが原因です。

 

シングルマザーは結婚・出産・育児などでブランクがある

シングルマザーに限らず、一定のブランクがある人は面接で不利になる場合があります。

これまで何年も、主婦向けのパートやアルバイトで過ごしてきたというシングルマザーも多いですよね。
azusa

 

一定のブランクがあり、なおかつ子供がいるため条件に制限があるとなれば、面接に受かる確率が下がってしまっても仕方ありません。

さらに、そこへ年齢的な問題が入ってくると尚更でしょう。

 

シングルマザーが就職したいのであれば、多少無理をしてでもできるだけ早いうちに活動を始めるのがおすすめです。

 

面接でシングルマザーであることは伝えるべき?

面接で、自分からシングルマザー(母子家庭)だと伝える必要はあるの…?

という悩みをお持ちの方も多いでしょうが、あえて自分から伝える必要は無いでしょう。

 

なぜなら、あなたの履歴書を見れば大体は予測がつくからです。気になった場合は面接担当者から質問されるでしょうから、その時に答えれば問題ありません。

あなたが以下のような状況なら、尚更気にしなくてもOKです。

  • 子供の体調不良時などでも仕事に影響が出ない
  • いつでも問題なく残業できる
  • シフトに制限がない

このような状況なのであれば、会社側からしてもシングルマザーを雇用するデメリットはありません。

 

ただし、条件に大きな制限が生じる(残業は絶対にできないなど)ような状況なのであれば、シングルマザーであることを必ず伝えておきましょう。

 

シングルマザーだからといって面接を諦めないで

シングルマザーが仕事の面接に受かる為には、「自分の魅力」をしっかりアピールすることが大切です。

子持ち女性を雇用するデメリットを受け入れてでも”あなたを採用したい!”と思わせてしまえば勝ち。自分を採用するメリットを積極的に伝えてみましょう。

シングルマザーが面接で不利になるケースは少なからずあるものですが、諦めずに挑戦していれば、いつかきっといい職場に巡り合えるはず。

なお、あなたが効率的に面接に受かりたいなら、転職エージェントの「リクルートエージェント」を利用しましょう。

シングルマザーという状況で難しい転職活動を徹底的にサポートしてもらえる上、プロのアドバイスにより面接成功率を上げられます。

是非この機会にリクルートエージェントを利用してみてくださいね!

転職支援の申し込みはコチラ▼

リクルートエージェント

※利用料は一切かかりません

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

azusa

当ブログオーナーの根っから自由人な20代シングルマザー。2013年に未婚出産。元医療従事者。現在はフリーライター・編集者・ブロガーとして活動。仕事大好きインドア人間。趣味は貯金と読書、インテリア。”ママ&シンママの人生をキラめかせる”情報を発信していきます!

-仕事・副業

© 2020 あずろぐ! -azulog Powered by AFFINGER5